このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000111755
提供館
(Library)
相模原市立図書館 (2210034)管理番号
(Control number)
相市-H24-007
事例作成日
(Creation date)
2012年08月12日登録日時
(Registration date)
2012年09月25日 15時41分更新日時
(Last update)
2013年02月21日 14時11分
質問
(Question)
橘流弓術32代「羽賀井和順」(読み方不明)という人物について、次のことを知りたい。
 ①この人物がどういう人なのか
 ②この人やこの人に関する著作はあるか
回答
(Answer)
梅路見鸞(うめじ けんらん)という人の師匠であること以外に、羽賀井和順に関する資料・情報を見つけることはできなかった。
回答プロセス
(Answering process)
まず人名事典をあたる。
 「日本人名大事典 5 ニ-マツ」 平凡社 1979 〔R281・s02021772〕
  →P.92 羽賀井一心齋(はがい いっしんさい)の名はあるが、羽賀井和順の名は載っていない。
          徳川初期の剣客とあるが、 和順との関係があるかは不明。

 「日本近現代人名辞典」 臼井勝美/(他)著 吉川弘文館 2001 〔R281・s16644395〕 →記載なし
 「日本近世人名辞典」 竹内誠/編 吉川弘文館 2005 〔R281・s24218455〕 →記載なし

人名事典で手がかりがあまりなさそうなので、インターネットで検索した。
 Googleにて”羽賀井和順”をキーワードに検索。
 →梅路見鸞の情報の中で、師匠であるという記述しか見つからない。

 Webcat Plusにて”梅路見鸞”で検索
 →「弓と禅」 中西政次/著 春秋社 がヒット。
  自館OPACにて”ユミトゼン”で検索。
 →「弓と禅 新装」 中西政次/著 春秋社 1973 〔789・s00937334〕
   P.207 「橘流三十二代羽賀井和順の門に入り、三十三代を継がれました」との記述のみ。

次に、武道に関する参考資料の書架(分類R789)をブラウジング。
 「図説 日本武道辞典」 笠間良彦/著 柏書房 1982 〔R789・s04863221〕
  →弓道のほか、柔道や剣道、空手の型など、図も豊富な資料だが、羽賀井和順の名は載っていない。
 「日本の武道」 日本武道館 2007 〔R789・s23916927〕
  →武道についての説明はあるが、弓道の項に羽賀井和順の名は載っていない。

自館所蔵資料には記述が見つからないため、神奈川県立図書館OPACにて”弓道”で検索。
 「弓道人名大事典」 日本図書センター 2003 〔789.5・他館〕 がヒット。
 
 神奈川県立図書館に、上記資料及びその他の所蔵資料に羽賀井和順の記載があるか、レファレンス依頼した。
 
 →神奈川県立図書館所蔵資料には、上記資料を含め、記述のある資料は見つからず。
  調査していただいた主な資料は次のとおり。
  「武芸流派辞典」  綿谷雪・山田忠史/共編 人物往来社 1963 〔789・他館〕
  「日本武道全集 第3巻 弓術、馬術」 今村嘉雄ほか/編 人物往来社 1966 〔789・他館〕
  「日本武道史」 横山健堂/著 島津書房 1991 〔789・他館〕
  「日本人物情報体系 第86巻(諸芸・諸職編6)」 芳賀登ほか/編 皓星社 2001〔281.08・他館〕
  

※〔  〕内は、自館の請求記号・資料コードです。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
武術  (789 9版)
参考資料
(Reference materials)
「弓と禅 新装」 中西政次/著 春秋社 1973
キーワード
(Keywords)
橘流弓術
羽賀井和順
梅路見鸞
照会先
(Institution or person inquired for advice)
神奈川県立図書館
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000111755解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!