このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000197925
提供館
(Library)
八王子市中央図書館 (2310074)管理番号
(Control number)
HC-16080905
事例作成日
(Creation date)
2016/08/09登録日時
(Registration date)
2016年10月08日 00時30分更新日時
(Last update)
2016年10月29日 14時37分
質問
(Question)
日本の一日当たりの出生数が知りたい。
回答
(Answer)
『日本統計年鑑 第65回』(2015年 日本統計協会)事項索引より、出生数を検索すると、p.67に「2-22 出生、死亡、死産、婚姻及び離婚数(大正14年~平成25年)」があり、大正14年、昭和5年、10年、15年、22年、25年、30年、35年、39年以降毎年の出生数がわかります。平成25(2013)年の出生数は、103万人です。『日本子ども資料年鑑 2016』(2016年 KTC中央出版)p.40には、明治33年、大正4年、昭和5年、20年、35年、50年、平成2年、7年、12年、17年、20年以降毎年の出生数が出ています。平成26(2014)年の出生数は1,003,539人です。毎年の出生数が知りたい時は、『日本長期統計総覧 第1巻』(2006年 日本統計協会)p.154をご覧ください。明治5(1872)年から平成16年まで毎年の数がわかります。ただし、昭和19年~21年は資料不備のため省略されています。また昭和22年~47年は沖縄県を含みません。
なお最新の情報は、厚生労働省のホームページで「出生数」で検索すると、平成27(2015)年は概数ですが、1,005,656人( http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/geppo/nengai15/dl/h3-4.pdf  2016/9/26現在)です。一日あたりの数はありませんので、それぞれの年毎に日数で割って数を出すことになります。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (351 8版)
参考資料
(Reference materials)
B12617438 日本統計年鑑 第65回(2016) 総務省統計局/編集 日本統計協会 2015.11 351 978-4-620-85025-2
B12631214 日本子ども資料年鑑 2016 母子愛育会愛育研究所/編 KTC中央出版 2016.2 367.6 978-4-87758-376-7
B10592444 日本長期統計総覧 第1巻 総務省統計局/監修 日本統計協会 2006.3 351 4-8223-3110-5
キーワード
(Keywords)
出生数
統計
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
参考
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000197925解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!