このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000104521
提供館
(Library)
福井県立図書館 (2110037)管理番号
(Control number)
福井県図-20120105-1
事例作成日
(Creation date)
2012年01月05日登録日時
(Registration date)
2012年03月29日 16時58分更新日時
(Last update)
2012年04月04日 16時53分
質問
(Question)
入国管理法の「不正認定行為」について解説してあるものが見たい、と電話で問い合わせがあった。
回答
(Answer)
出入国管理及び難民認定法 第20条の基準を定める省令の中に「不正行為」という言葉はあったが、「不正認定行為」という言葉はない、と電話で伝えたところ、利用者は資料をみるため来館。その際、追加調査の依頼があり、法務省のHPにある、『「不正行為」認定について』の各年のPDFファイルを紹介した。(JITCO:財団法人国際研修協力機構のHPにも「ストップ不適正事例」として記載あり)
http://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyuukokukanri07_00043.html
回答プロセス
(Answering process)
現行日本法規で『出入国管理及び難民認定法』を確認したが、「不正認定行為」という言葉もそれに類するものもなかった。

ネットで調べて、出入国管理及び難民認定法第20条の省令に「不正行為」という言葉が出てくることが分かった。(法務省の『出入国管理及び難民認定法第二十条の二第二項の基準を定める省令』)

このことを(「不正行為」という言葉はあったが、「不正認定行為」という言葉はない)電話連絡すると、資料確認のため来館することになった。

来館時に説明し、調査事項を確認すると、外国人研修生等の受入れを斡旋する組合が正しく機能していないためそれに関することを調べたいとのことであった。

自館所蔵の、「よくわかる入管法」「入管法Q&A」等を確認したが、該当資料無し。

法務省のHPで、『「不正行為」認定について』各年のPDFファイルがあるためそれを紹介した。
事前調査事項
(Preliminary research)
裁判所で「不正認定行為」という言葉はないといわれた。
NDC
国際法  (329)
参考資料
(Reference materials)
現行日本法規(加除式)
キーワード
(Keywords)
入管法
JITCO(ジツコ)
不正行為
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000104521解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!