このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000077570
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
OSPR10110020
事例作成日
(Creation date)
2010年11月14日登録日時
(Registration date)
2011年02月03日 02時00分更新日時
(Last update)
2011年02月03日 10時08分
質問
(Question)
日仏通商条約の第4条に「居留地におけるキリスト教に関する記載」があれば見たい。
回答
(Answer)
当館OPACで「日仏通商条約」で検索してもヒットせず。
Googleで「日仏通商条約」を検索してみると、「日仏修好通商条約」(安政五箇国条約の一つ)であることが分かったため、再度、所蔵検索をした結果、以下の資料がヒットしたが条文に関する手掛かりは無かった。
・『維新とフランス』東京大学総合研究博物館 2009.4【210.59/100N】

『国史大辞典』を確認したが「日仏修好通商条約」の項目なし。
そこで、383頁「安政五箇国条約」の項目に参考文献として紹介されていた以下の資料を確認すると条文が掲載されていた。
・『旧条約彙纂』第1巻第1部(外務省条約局 1930)813-830頁「日本国佛蘭西国修好通商条約」
819頁にある「第四條」の条文は以下のとおりである。
 「日本に在る佛蘭西人自国の宗旨を勝手に信仰致し其居留の場所へ宮社(六)を建るも妨なし日本に於て踏絵の仕来は既に廃せり」
   (六)佛文ニハ「宮社ヲ建ルモ埋葬地等ヲ設クルモ妨ナシ」トアリ

なお、外務省のHP上の「外交史料Q&A 幕末期」に原本に関する情報が以下の通り掲載されている。
Q:「安政の五カ国条約」の原本を外交史料館で見ることができますか。
A:(略)1923年(大正12年)の関東大震災で被災したため、日蘭および日露間の条約書は焼失し、また残り三カ国との条約書は、焼け残ったものの蒸し焼き状態となってしまいました。外務省に返還された後、これら条約書原本には慎重な補修を施しましたが、今日においても一般公開は困難な状況です。(略)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
国際法  (329 8版)
参考資料
(Reference materials)
『国史大辞典 1 あ-い』(国史大辞典編集委員会/編 吉川弘文館 1979.3)(ページ:383)
『旧条約彙纂 第1巻第1部』(外務省条約局/編輯 外務省条約局 1930)(ページ:819)
キーワード
(Keywords)
日仏修好通商条約 佛蘭西 フランス 安政五カ国条約
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
書誌事項調査
内容種別
(Type of subject)
法律
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000077570解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!