このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000135513
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2013-038
事例作成日
(Creation date)
2012年11月24日登録日時
(Registration date)
2013年08月19日 16時02分更新日時
(Last update)
2013年12月14日 10時46分
質問
(Question)
中島撫山の息子中島綽軒(しゃくけん)が栃木県内に開いた私塾の功績を讃えた碑文が太平山公園(栃木県)にある。その口語訳と読み下しが書かれた資料を探している。
回答
(Answer)
下記の資料を提供した。
『中島敦とその家学 鵬斎門流の中島撫山』(村山吉広 1977)
 p117-119 「中島綽軒」
 「この人の伝は次弟斗南の遺した「斗南存稿」中の「綽軒中島先生遺愛碑」によって知られる。いま、行状に関する部分を抄出する。」とあり、碑文のほぼ全文に近い書き下し文が掲載されている。
回答プロセス
(Answering process)
中島綽軒の本名、略歴を調べる。
『中島敦と私』(久喜・中島敦の会編 久喜・中島敦の会 2009)
  巻末に「中島撫山略年譜」に長男靖(靖次郎・綽軒)の生年、1880年(明治13年)に栃木市に漢学塾「明誼学舎」を開くとあり。

「明誼学舎」について調べる。
『中島撫山小伝』(鷲宮町教育委員会 1983)
 p11没年、遺愛碑についての記述あり。撰文は次弟の端、書は三弟の竦である。
『中島撫山関係調査報告書 1 久喜市文化財調査報告書』(久喜市教育委員会 2000)
 p14明誼学舎の場所、遺愛碑明治45年に建立との記述あり。図版モノクロ写真あり。
『中島撫山 没後100年展』(久喜市立郷土資料館編 久喜市立郷土資料館 2011)
 p8遺愛碑は弟の中島斗南の撰文(『斗南存稿』所収)との記述あり。カラー写真あり。

その他、碑の写真、本文等についての記述がある資料。
『評伝・中島敦』(村山吉廣著 中央公論新社 2002)
 p59「碑文は委嘱により綽軒の異母弟で次男の端(斗南)が撰文し、書は三男の竦(玉振)が当った。撰文は「綽軒中島先生遺愛碑」と題し、端の詩文 集である『斗南存稿』に収められている。」とあり。碑の写真(白黒)があるが、本文、書き下し文等なし。
『斗南存稿』(中島勿堂〔著〕 中島竦編 新井松四郎 1932)
 p57-58遺愛碑の本文はあるが、口語訳、読み下し文なし。
『栃木県教育史 3』(栃木県連合教育会 1957)
 p702 明誼学舎の所在、沿革、遺愛碑の本文等についての記述あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
教育史.事情  (372 9版)
個人伝記  (289 9版)
日本思想  (121 9版)
参考資料
(Reference materials)
『中島敦とその家学 鵬斎門流の中島撫山』(村山吉広著 村山吉広 1977) (中國古典研究22号〔早稲田大学中国古典研究会〕〔1977〕p107-130の抜刷)
キーワード
(Keywords)
中島 綽軒(ナカジマ シャクケン)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000135513解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!