このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000029115
提供館
(Library)
公益財団法人吉田秀雄記念事業財団アドミュージアム東京ライブラリー (4210008)管理番号
(Control number)
2005-0032
事例作成日
(Creation date)
2005年09月10日登録日時
(Registration date)
2006年06月16日 18時23分更新日時
(Last update)
2015年04月30日 14時52分
質問
(Question)
日本のテレビ・コマーシャル草創期について調べている。、
当時のテレビ・コマーシャル制作秘話が載っている資料がみたい。
回答
(Answer)
当館所蔵資料から、主として図書で参考となる資料を紹介した。
(2051.04月現在)
この他、当時を知る広告業界関係者やクリエーターの著作物、
雑誌記事にも掲載されることがあるので、蔵書検索から調べたい
クリエーターの名前やCMの企業名、商品名をキーワードにして
検索してみるのもよい。


●請求記号:R102-UCH
『日本広告発達史:下』(内川芳美 編、電通 発行、1980)
 → p.140-158「5.民放テレビの発足」
    ・日本ではじめての民放が開局するまでの紆余曲折
(日本テレビ:1953年8月28日)から、開局当時の様子に
 ついて詳しい。
・テレビCMについては「初期のテレビCM」の項あり。
・広告料金制度や広告主への番組スポンサー営業状況の
 記載がある。

●請求記号:102-NIK
『証言で綴る広告史』(日経広告研究所 編、発行、2001)
  *昭和20・30年代に広告業界の現場で活躍した関係者の
   オーラル・ヒストリー。テレビCMについては5人登場している。

 → p.2-13 「テレビCM放送はどのように始まったか上・下」の項
当時の現場で活躍していた人物へのインタビューを掲載して
いる。
・野美二見氏(当時日本テレビ放送網で営業を担当)
・服部禮次郎氏(当時服部時計店社員)
・内藤俊夫氏(当時電通社員)

 → p.134-139 「テレビCMに新しい表現の台頭―
       桃屋にみるアニメ・キャラクターCM」の項
・三木のり平氏(当時、桃屋のテレビCMに声の出演)
・小出孝之氏(当時、桃屋専務としてCM制作に携わる)


●請求記号:102-WAS
『ジャーナリスト・メディア関係者個人史聞き取り調査プロジェクト
 第三回調査報告書』
(早稲田大学政治経済学部 土屋礼子研究室 編、発行)
  *戦後のメディア・ジャーナリズム界で活躍し、現在は引退された
   人物のオーラル・ヒストリー。
   ・生い立ちから始まる個人史となっている点が特徴。
   ・仕事の経歴として当時の現場の様子が触れられている。
   ・第三回調査の本書は、萬年社、電通、博報堂に在籍していた
    人物30名が掲載され、広告業界に特化した内容である。

●請求記号:R146.5-ZEN
『CM殿堂』(全日本シーエム放送連盟 編、宣伝会議 発行、2000)
  *全日本シーエム放送連盟(ACC)が殿堂入りとした名作CMを
   まとめたもの。
   ・初期に制作されたものからは7作品をピックアップ。
   ・それぞれについて制作関係者へのインタビューが掲載され、
    そのCMが生まれた背景、アイデアの発想、技術的な工夫が
    つぶさに語られている。

 → p.12~33には、「テレビCMの草創期」にあたる作品を紹介。
該当CMの制作担当者にインタビューしたものなので、
    当時の状況を知ることができる。

●アド・ミュージアム東京展示部門 展示資料
『クリエーターが語るテレビ・コマーシャルの世界』
  *展示部門に常設展示されているオーラル・ヒストリー(動画)。
   
 → 1953年~2012年までを5つの年代に区切り、初期にあたる
   1953-1965は、当時クリエーターとして活躍した山川浩二氏が
   その時代のテレビCMの特徴、制作について語っている。

************************************************************
※その他の参考資料

●請求記号:103-FUJ
『広告野郎50年』(藤本倫夫 ほか著、カオス書館 発行、1978)

●請求記号:146-COM
『コマソン繁昌紀』(藤本倫夫 ほか著、日本工業新聞社 発行、1977)

●請求記号:146-MUK
『虹をつくる男たち』(向井敏 著、文藝春秋 発行、1983)

●請求記号:146-NAK
『CM業界発達裏ばな史』(中村好男 著、三樹書房 発行、1995)
 → 目次に「1:草創期(一九五三~一九六五年)」とある。
   この章には、当時の制作現場の状況などについて書かれてある。

●請求記号:146-ZEN
『CM25年史』(全日本CM協議会 編、講談社 発行、1978)
 → p.136- 「時代と表現/話題のCMを追って」
 「受難のテレビCM第一号」から、時代ごとに特徴的なCMと
     ともにその制作状況が紹介されている。

●請求記号:146.2-YAM-0001
『CMグラフティ第1集』(山川浩二 編、誠文堂新光社 発行、1979)
 → p.37~44
     『電通報』で1961年4月から連載された「商放とともに
     10年わが社の番組を語る」を10社分掲載している。
    その中に、「CM第1号である服部時計店のCMがフィルム
裏返しのため失敗に終わった」などの記載があった。

●請求記号:343-NIH-上
『20世紀放送史:上』(日本放送協会 編、日本放送出版協会 発行、2001)
 → p.370-371「日本テレビ開局」の項
    テレビCM第1号、服部時計店の時報の失敗談と番組スポンサーの
    営業についての苦労話について記載あり。

●請求記号:362-ARA
『TV(てれび)博物誌』(荒俣宏 著、小学館 発行、1997)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
広告.宣伝  (674 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
コマーシャル
CM
草創期
創生期
民放開局
オーラル・ヒストリー
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
このレファレンス事例は、2005年に登録した内容に追記・訂正を加え、2011、2015年に更新しています。
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000029115解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!