このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000020427
提供館
(Library)
公益財団法人吉田秀雄記念事業財団アドミュージアム東京ライブラリー (4210008)管理番号
(Control number)
2004-0036
事例作成日
(Creation date)
2004年04月07日登録日時
(Registration date)
2005年02月19日 16時17分更新日時
(Last update)
2015年02月26日 18時06分
質問
(Question)
「チラシ」はなぜカタカナで表記するのか。
回答
(Answer)
質問者は「“チラシ”の語源は、“散らす”から来ていることは知って
いる。」とのことであった。

思い当たる本をめくっていったが、「広告用語事典」や、「販促辞典」
では、カタカナ表記について触れられていなかった。

下記資料等から、

・江戸では「引札」京阪では「ちらし」と呼ばれていた。
・動詞ではなく名詞であるために、明瞭化を図ろうとしてカタカナの
 「チラシ」を常用するようになったものではないかと推測される。

と著者・増田太次郎氏は述べている。



目次
1.カタカナの理由
2.チラシそのものに関する参考資料


1.カタカナの理由
●請求記号:102-MAS
『江戸から明治・大正へ 引札 繪びら 錦繪広告:ブレーン別冊』
  (増田太次郎 著、誠文堂新光社 発行、1976)

→ p.26 『「引札」から「チラシ」広告へ』 
「なお、ちらしがチラシと書かれるようになったのは、動詞でなく
    名詞であるために、字面(ジズラ)の明瞭化を図ろうとして、
期せずしてカタカナの「チラシ」を常用するようになったもので
あろう。」
   
と記述されている。
これは、この見出しの内容として「引札」が「チラシ」に変わって
いったのはいつか推定した結果、と言う流れで書いてあるので、
「筆者の推測」である。


●請求記号:102-MAS
『引札繪ビラ風俗史 新装版』(増田太次郎 著、青蛙房、2011)

→ p.25 『ビラの歴史』 
 「名詞としての「びら」がすぐわかるように、本書では以下カタ
     カナで「ビラ」と書くことにしよう。(ちらしがチラシと書か
     れるように至ったのも同じような理由からであろう。)」

   とある。
   現資料と前記資料とにも同一著者の推測である。


 *これ以外にチラシがカタカナである理由が書いてある資料は
  見つからなかった。

***********************************************************
2.チラシそのものに関する参考資料

●請求記号:146.2-INO
『江戸コマーシャル文芸史』(井上隆明 著、高文堂出版、1986)

→ p.28 ・平賀源内の『麦飯報条(ひきふだのフリガナ有り)』
  (飛花落葉所収)などを引用

 ・「守貞漫稿」(嘉永6(1853)年)
    「行人集る路上に報帖を携へ出て行人に与へ告ぐ、
    蓋し報帖を江戸は引札と云ひ京阪はちらしと云ふ」
  よく引用される資料で、江戸の引札を上方でチラシと呼ぶと
  する。


●請求記号:142.2-TAN
『江戸のコピーライター』(谷峯藏 著、岩崎美術出版 1986年)

   『江戸コマーシャル文芸史』(井上隆明 著、高文堂出版、1986)の
   平賀源内の『飛花落葉』などを引用して説明。

→ p.32 たしかに『飛花落葉』の「報條」は「チラシ」のルビがふって
 ある。だがそれは上方の影響だったと思われる。
 南畝も天明七、八年ごろ刊行の『四方のあか』(後出)に
 「酒中花のちらし(報條/ルビ)」として「ちらし」に「報條」と
 漢字でルビをふっている。
     とすれば、ちらしの名詞は江戸では引札には使わない言葉
 だったとしか考えられない」

 *「なぜカタカナ表記か」については言及なし。


●請求記号:102-KAR
 『田村コレクション 引札』(花林舎 編、紫紅社、2012)

→ p.7 また嘉永六(1853)年頃成立したとされる
『守貞漫稿(もりさだまんこう)』には、
    「蓋し報帖を江戸は引札といひ、京坂はちらしといふ」との
記載があり、「チラシ」の語は現代にも引き継がれることとなった。


●請求記号:102-MAS
『引札 繪びら 錦繪廣告 江戸から明治・大正へ ブレーン別冊』
  (増田太次郎 著、誠文堂新光社、1976)

→ p.26~ 『江戸では「引札」京阪では「ちらし」』 
  「定説になっているのだが、実際には引札がはじまった
  最初から引札と並んで関西では「ちらし」といわれて
  いたのである。」とある。
  その根拠となる資料は 
   『近世風俗史』(原名・守貞漫稿)(喜田川守貞 著)
     「行人集る路上に報帖を携へ出て行人に与へ告ぐ、
      蓋し報帖を江戸は引札と云ひ京阪はちらしと云ふ」
       とある。


→ p.28 『「ちらし」という言葉』
  『式亭雑記』(式亭三馬 著、 文化7(1810)年発行 記事)
  「並に半紙四ツ切りの小形引札製作、あまねく世上にちらす。」
  とある。
  引札は配る、配布する、撒き散らすことによって目的を達する
  ものだから、引札がいつの間にかちらしといわれるように
  なったとしても不思議ではないような気がする。
  特にちらしと名付けなくても、だれいうとなくちらしになって
  しまったのではないかと思う。

 *当館は『原名・守貞漫稿』、『式亭雑記』は所蔵してない。

***********************************************************
参考web情報

・チラシとなった訳けが書いてあるわけではないが、チラシとビラの
 違いを紹介している。また、“守貞謾稿”についても言及している。

 NHK総合テレビ 「情報まるごと トクする日本語」
  ( http://www.nhk.or.jp/kininaru-blog/ )のホームページに
  記事有り
 
   「2012年2月15日(水) チラシとビラ 同じもの?」
http://www.nhk.or.jp/kininaru-blog/109411.html )  
  (2015年2月20日 確認)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
広告.宣伝  (674 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
引札
ちらし
チラシ
撒き散らす
びら
ビラ
絵ビラ
守貞漫稿(もりさだまんこう)
式亭雑記
照会先
(Institution or person inquired for advice)
NHK総合テレビ 「情報まるごと トクする日本語」
http://www.nhk.or.jp/kininaru-blog/)
(2015年2月20日 確認)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
このレファレンス事例は、2004年に登録した内容に追記・訂正を加え、
 2013年、2015年に更新しています。
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000020427解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!