このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000222378
提供館
(Library)
吹田市立中央図書館 (2310124)管理番号
(Control number)
吹-85-2017-004
事例作成日
(Creation date)
2017年06月03日登録日時
(Registration date)
2017年09月24日 15時01分更新日時
(Last update)
2018年04月12日 15時53分
質問
(Question)
縄文時代の生活文化、衣食住、共同体の様子について知りたい。
回答
(Answer)
下記の資料を紹介する。

(1)『ここまでわかった!縄文人の植物利用』(工藤 雄一郎、国立歴史民俗博物館/編 新泉社 2014.1)
樹木、つる性植物から作られた生活用具のかごが出土されたと記述。また九州地方の土器の圧痕から縄文時代後期には大豆を育てていたことがわかった。ほかに複数の遺跡の調査から判明した、漆の当時の利用技術、花粉分析によるアサ、ウルシの分布、稲作の始まりと普及についても記されている。

(2)『佐原真の仕事 5 衣食住の考古学』(佐原 真/著 岩波書店 2005.7)
p4~8当縄文時代の男女の役割、地位について
p30~33漁撈、漁具について
p107~112ムシ歯について
p202~210布、髪形、冠もの、衣服について

(3)『日本歴史民俗論集 2 生産技術と物質文化』(木下 忠、網野 善彦、神野 善始/編 吉川弘文館 1993.4)
p286~325この時代の布である編布(あんぎん)について渡辺誠氏の論文あり。
回答プロセス
(Answering process)
当館の検索機で「縄文」をキーワードにして調査した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 8版)
風俗習慣.民俗学.民族学  (380 8版)
参考資料
(Reference materials)
工藤雄一郎, 国立歴史民俗博物館 編 , 工藤, 雄一郎, 1976- , 国立歴史民俗博物館. ここまでわかった!縄文人の植物利用 = New Perspectives on the plant use of Jomon People. 新泉社, 2014. (歴博フォーラム)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I025076958-00 , ISBN 9784787713179
佐原真 著 , 金関恕, 春成秀爾 編 , 佐原, 真, 1932-2002 , 金関, 恕, 1927- , 春成, 秀爾, 1942- , 佐原, 真, 1932-2002. 衣食住の考古学. 岩波書店, 2005. (佐原真の仕事 ; 5)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000007856851-00 , ISBN 4000271156
木下, 忠 , 網野, 善彦 , 神野, 善治 , 木下, 忠 , 網野, 善彦 , 神野, 善治. 生産技術と物質文化. 吉川弘文館, 1993. (日本歴史民俗論集)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I045885889-00 , ISBN 4642073728
キーワード
(Keywords)
縄文時代
縄文文化
縄文
衣食住
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000222378解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!