このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000136511
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M06071212253289
事例作成日
(Creation date)
2012/11/10登録日時
(Registration date)
2013年09月01日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年03月31日 00時30分
質問
(Question)
曹洞宗の月舟和尚について、わかり易く書いてあるものはないだろうか。「続日本高僧伝」は漢文で難しかったので。
回答
(Answer)
①『総合仏教大辞典 下』によると、宗胡(そうこ)の項に簡単な記述がある。“(元和四1618-元禄九1696)曹洞宗の僧。肥前の人。字は月舟。号は可憩斎。一二歳の時、円応寺花岳について得度し、諸国を巡り、三一歳の時に加賀大乗寺の白峯玄滴に参じ、のち同寺に住持する。門弟に卍山道白・徳翁良高・雲山愚白・祖道宗心などがある。”
②『朝日日本歴史人物事典』には、月舟宗胡の項にある。前半は概ね①と同様の内容で、“大乗寺において道元への復古と古規を重んじる「螢山清規」の実践に努め、「規矩大乗」の名声を得る。(中略)「曹洞宗中興の祖」とも称される。”などの記載もある。
③『禅宗小事典』にも月舟宗胡の項に記載がある。
④『<宗派別日本の仏教・人と教え 7曹洞宗』には、「月舟と卍山 道元に還れ!」という章があり、時代と背景、月舟の生涯、卍山の生涯、宗門史上の月舟と卍山など詳しい記述がある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
各宗  (188 9版)
参考資料
(Reference materials)
①総合仏教大辞典編集委員会編集『総合仏教大辞典 下』 法蔵館,1987,p.809-1508 参照はp.880.
②朝日新聞社編『朝日日本歴史人物事典』 朝日新聞社,1994,2462p. 参照はp.614-615.
③石川力山編著『禅宗小事典』 法蔵館,1999p. 参照はp.86.
④今枝愛真編『〈宗派別〉日本の仏教・人と教え 7  曹洞宗』 小学館,1986,318p. 参照はp.199-238.
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2006071212271353289
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000136511解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!