このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000025584
提供館
(Library)
県立長野図書館 (2110021)管理番号
(Control number)
県立長野-03-019
事例作成日
(Creation date)
2003年03月登録日時
(Registration date)
2005年12月09日 08時26分更新日時
(Last update)
2006年02月03日 15時17分
質問
(Question)
丹波島橋のたもとの常夜灯について知りたい。
回答
(Answer)
『善光寺之碑文集』(小林済編・著 長野郷土史研究会1977)〔N181-86〕123~125pに“南から入る旅人は、善光寺の手前の丹波島宿を通りぬけて、犀川の渡しを越さねばならない。犀川の急流を舟で渡り、そして対岸の土を踏みしめた。そこにこの灯籠が立っていて道者を迎え入れたのである。
西側のものは文政六年(一八二三)であるから、東よりも三年おくれて造立された。東西共に基礎は土台石の上に三段重ねとなっていて、その四面に世話人と寄進者の氏名と住国が記されている。東側のものは地元の世話人を筆頭にして百人を越す人名で、その住所は周辺の町村から遠くは江州・甲州・江戸・京・尾州・常陸の国名を数えられる。西側の基礎には竿部の「施主連名」を受けて百名余の人名と住所を記すが、近在が大多数で遠くは越後にも及んでいる。又東灯籠に「町在旅人志」としてあることから、町と在(近在)と旅人からの寄進もこめられているかと思われ(中略)なお現在の位置に移されたのは、昭和四十二年十月である”とある。
『長野市の石造文化財』(郷土を知る会編 長野市教育委員会1978)〔N714-8-1〕149~151pには記銘文等が掲載されている。
回答プロセス
(Answering process)
①長野市内に存在する常夜灯なので、長野市の歴史書である『長野市誌 第3巻 歴史編』(長野市誌編さん委員会編 長野市2001)〔N212-318-3〕を見るが、天保4年の常夜灯の寄進願いの記述しかない。
②郷土資料の雑誌記事をキーワード「常夜燈」で検索してみると、雑誌『長野』214号所収論文小林計一郎「善光寺常夜燈について」(2000年11月 長野郷土史研究会)という論文が検索され、この論文に『善光寺之碑文集』(前掲)という資料が紹介されており、回答に至る。
③善光寺に寄進された常夜燈であることから、郷土の[N181仏教・北信]の書架で善光寺関係の資料を検索すると、『善光寺史研究』(小林計一郎著 信濃毎日新聞社2000)〔N182-194〕729p“常夜燈”の項にも『善光寺之碑文集』(前掲)が紹介されている。
④文化財に関する資料にあるのではないかと思い、郷土の[N714石彫]の書架をみると、『長野市の石造文化財』(前掲)の“石灯籠”の項の“石灯籠一覧表”に質問の常夜燈があげられており、その注として記銘文が掲載されている。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
石彫  (714)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
常夜灯
丹波島
善光寺
長野県
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
『なんでもきいてみよう』(県立長野図書館 平成15 第35集)収録レファレンス
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000025584解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!