このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000058740
提供館
(Library)
宮崎県立図書館 (2110038)管理番号
(Control number)
宮崎県立般198
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2009年10月15日 17時21分更新日時
(Last update)
2019年03月08日 14時47分
質問
(Question)
宮崎県における戦後位からの食生活の変遷を調べたい。何か資料はないか。
回答
(Answer)
①『統計から見た宮崎県の半世紀』(宮崎県 平成14年)(M書庫351900/21)には、
・昭和34年(1959年)から平成12年(1999年)までの、5年ごとの1世帯あたり1か月の穀類、魚介類、肉類、野菜・海藻、果物、調理食品、外食の食糧消費支出額がある。(p62)
・明治25年から平成12年までの毎年の小売物価があり、米、食パン、あじ、牛肉、鶏卵、キャベツ、玉ねぎなど食料品の価格が分かる。(p63)
・昭和31年(1956年)から平成12年(2000年)までの電気冷蔵庫の1000世帯あたりの所有数の統計がある。(p64)

②『図表で見る宮崎・近年のあゆみ』(宮崎県 1983年)(M書庫3519/46-1983)には、
 ・昭和40年から昭和55年までの勤労者世帯1か月の食糧費の構成のグラフがある。(p184)
 ・宮崎市の昭和49年から昭和55年までの食料、穀類、肉類、外食の費目別実質金額指数のグラフがある。(p185)
 ・宮崎市の1世帯当たり年間の主な食料’米食、生鮮魚介、肉類、野菜、果物)の昭和35年から55年までの支出額、同じく外食の支出、酒類の支出額の推移のグラフがある。(p187)
 ・宮崎市の米、食パンなどの昭和30年から55年まで5年ごとの値段の推移の表がある。(p190)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
衛生学.公衆衛生.予防医学  (498)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
食生活
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
徳重久美子様(090-9720-0549)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000058740解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!