このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000159619
提供館
(Library)
栃木県立図書館 (2110002)管理番号
(Control number)
tr327
事例作成日
(Creation date)
2014年02月21日登録日時
(Registration date)
2014年09月11日 10時12分更新日時
(Last update)
2014年09月11日 10時12分
質問
(Question)
宇都宮市にある二荒山神社(ふたあらやまじんじゃ)の祭神トヨキイリヒコノミコトと、その孫ヒコサシマノミコトに関する栃木県内の伝承、伝説、民話、神話はあるか。
回答
(Answer)
豊城入彦命(トヨキイリヒコノミコト)と、彦狭島命(ヒコサシマノミコト)あるいは彦狭島王(ヒコサシマオウ)に関する資料をご紹介します。

1『下野の古代史 上』(前沢輝政/著 有峰書店 1975)
 p.160-167の「王族の伝承地」という項の中に「豊城命(豊城入彦命)に関する伝承の地」が3点(p.161-162)、「彦狭島王に関する伝承の地」が2点(p.162-163)記載されています。

2『両毛の神話 改訂版「下野の神話」』(松原日治/著、発行 2012)
 p.34-39の「カカセ族と星宮神社」に、豊城入彦命が両毛地区に蝦夷退治に来た話があります(p.35)。
p.40-41の「赤城神社・二荒山神社の由緒」に、豊城入彦命が関わる赤城神社(群馬県)の神話の記述と、「二荒」の語源は豊城入彦命と彦狭島王の二現(ふたあら)であるとの記述があります。
 p.42-44に「豊城入彦命の神話」の記述があります。

3『栃木県総史 第1巻』(小林友雄/著 栃木新聞社 1962)
p.35-49に「両毛の始祖・豊城入彦命」の記述があります。
p.54-59の「四所明神から二荒の宮へ」に、豊城入彦命と彦狭島王に関する記述があります。

4『宇都宮二荒山神社誌 通史編』(雨宮義人/著 宇都宮二荒山神社/編、発行 1990)
 p.34-35に『日本書紀』の豊城入彦命と彦狭嶋王に関する記事を引用し、解説しています。
p.39-40に「豊城入彦命伝承の広がり」の記述があります。

5『佐野市史 通史編 上巻』(佐野市史編さん委員会/編 佐野市 1978)
p.226-231「皇族の東国派遣の伝承」で、『日本書紀』『古事記』『先代旧事本紀』から豊城命や彦狭嶋王に関する話を紹介しています。

6『栃木県神社誌 神乃森 人の道』(栃木県神社庁/編、発行 2006)
 p.166-167の「二荒山神社(宇都宮)」の由緒沿革<創建>に、主祭神である豊城入彦命についての記述があります。
p.961-962の「神話にまつわる伝承」に、「豊城入彦命とその後裔」の記述があります。
回答プロセス
(Answering process)
 当館の蔵書検索および、当館地域資料室の以下の分野の書架から資料を調査した。
1 民話、伝説
2 神社
3 歴史(古代)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
神道  (170)
神社.神職  (175)
伝説.民話[昔話]  (388)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
豊城入彦命
彦狭嶋命
彦狭嶋王
栃木県
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000159619解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!