このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000117493
提供館
(Library)
東京ウィメンズプラザ図書資料室 (4110023)管理番号
(Control number)
TWP0004
事例作成日
(Creation date)
2011年07月27日登録日時
(Registration date)
2012年12月26日 02時00分更新日時
(Last update)
2012年12月28日 13時11分
質問
(Question)
性風俗産業に従事する人たちをサポートする団体としてSWASHやUNIDOS、キャバクラユニオンなどがあるが、これらの団体がどのように形成されていったのかを社会運動の視点から見ていきたい。これらの団体の歴史がわかるような資料もしくは活動報告書を探している。
回答
(Answer)
まとまった報告書は見つからなかった。当事者あるいは当事者をサポートする人たちが書いたと思われる論文・記事などを東京ウィメンズプラザ図書資料室に所蔵しているものの中から探してみた。
・ 『新編日本のフェミニズム 6』「セックスワーカーの運動:それでも現場は廻っている」/水島希(2009)
    SWASHについて触れている。
・ 『「セックスワーカー」とは誰か』/青山薫(2007)
・ 『風俗嬢意識調査:126人の職業意識』/要友紀子;水島希(2005)
・ 『女性・戦争・人権 第9号』「日本の売春政策とセックスワーカーの現状」/水島希(2008)
・ 『ピープルズ・プラン 31号』「セックスワーカーの労働条件としてのHIV感染予防」/水島希(2005)
・ 『セックスワーカーの視点でみる日本のセックスワークとSTD』/母の会(2000)
・ 『セックス+ワーク《資料集》 京都大学11月祭企画』/セックスワークの非犯罪化を要求するグループUNIDOS (1998)
・ 『女たちの21世紀』 60号 「キャバクラユニオン結成へ」(2009)
                48号 「セックスワークを不安全にする越境組織犯罪防止政策」/要友紀子;武田明恵(2006)
                39号 「セックスワーカーの人権にもとづくHIV感染予防対策」/要友紀子(2004)
・ 『週刊金曜日 308号』「連帯する世界のセックスワーカー」/桃河モモコ(2000)
・ 『インパクション 113号』「なぜ「セックスワークの非犯罪化」が必要なのか」/佐藤悟志(セックスワークの非犯罪化を要求するグループ UNIDOS)(1999)
・ 『女性情報 2010年1月号』「キャバクラ労組旗揚げ」

所蔵はしていないが次のような論文があるのがわかった。
・ 『インパクション』 173号 「女性たちの夜明けの明星 キャバクラユニオン、発足へ」/根来優
              154号 「フェミニスト現実主義で提案するセックスワーカーの権利運動と人身売買被害者保護運動の間の架橋」/青山薫


回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
SWASHとキャバクラユニオンはHPを持っている。
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『セックス・ワーク:性産業に携わる女性たちの声』/デラコスタ,フレデリック;アレキサンダー,プリシラ(1993)
『売る身体・買う身体:セックスワーク論の射程』/田崎英明(1997)
キーワード
(Keywords)
セックスワーカー・セックスワーク
キャバクラ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000117493解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!