このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000166259
提供館
(Library)
相模原市立橋本図書館 (2210035)管理番号
(Control number)
相橋-H26-103
事例作成日
(Creation date)
2014年12月26日登録日時
(Registration date)
2015年01月16日 17時52分更新日時
(Last update)
2015年01月16日 17時52分
質問
(Question)
第二次世界大戦におけるドイツ、日本、イタリアそれぞれの国の戦死者数を知りたい。
戦死者と限定した調査が難しければ、民間人も含めた犠牲者数でもかまわないので、わかる資料を閲覧したい。
回答
(Answer)
資料①~④を提供し、閲覧してもらった。
ドイツ軍210万~525万人(民間人は50万~78万人)、日本軍117万~212万人(60万~67万人)、イタリア軍24万~38万人(15万~17万人)と、戦時下の事柄であるためか資料によって記載に差異があった。
回答プロセス
(Answering process)
レファレンス協同データベース( https://crd.ndl.go.jp/reference/ 2014/12/28 最終確認)で事例を確認してみた。
キーワード“第二次世界対戦 戦死”で検索し、次の事例を見つけた。

第二次世界大戦における各国の死者(軍人、民間人)(被害死者、戦死者等)数を知りたい。
http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000034214 2014/12/28 最終確認)

この事例で紹介されている資料を所蔵しているか市内OPACで確認したところ、次の資料が所蔵されていた。

①『大日本百科事典 11 せんし-ちえ』 小学館 1975 (自館請求記号:R031)
p408 「第二次大戦における人的被害」という表が掲載されている。

②『ブリタニカ国際大百科事典 12 ソフ-チュウオ』 TBSブリタニカ 1974 (自館請求記号:R031)
p312 「第二次大戦における人的被害」という表が掲載されている。

歴史の棚をブラウジングし、次の資料を見つけた。

③『二つの世界大戦』 木村靖二/著 山川出版社 1996 (自館請求記号:209.7)
p73 に第二次世界大戦の軍人・市民の死亡者の数が記載されている。

④『世界に開かれた昭和の戦争記念館 第5巻』 名越二荒之助/編 展転社 2002 (自館請求記号:210.7)
p182 「大東亜戦争主要戦域別 陸海軍軍人軍属戦歿者数一覧表」が掲載されている。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
世界史.文化史  (209)
日本史  (210)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
第二次世界大戦
戦死者
日本
ドイツ
枢軸国
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000166259解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!