このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000025485
提供館
(Library)
県立長野図書館 (2110021)管理番号
(Control number)
県立長野-02-010
事例作成日
(Creation date)
2002年3月登録日時
(Registration date)
2005年12月08日 12時30分更新日時
(Last update)
2005年12月13日 16時03分
質問
(Question)
徳川家康の言葉で「人の一生は重き荷を負うて遠き道を行くがごとし」の全文を知りたい
回答
(Answer)
『名言名句集成 日本編』(中山秋生著 日本実業出版社 1994)[159-434-1]p574に〝人の一生は重き荷を負うて遠き道をゆくがごとし。いそぐべからず。不自由を常とおもへば不足なし。心に望みおこらば、困窮したるときをおもひ出すべし。堪忍は無事長久の基。怒りは敵とおもへ。勝つ事ばかり知りて負くる事を知らざれば、害その身に到る。おのれを責めて、人を責むるな。及ばざるは過ぎたるよりまされり〟と、全文と解釈を紹介している。また、『国史大辞典 10』(国史大辞典編集委員会 吉川弘文館 1989)[210.03-4a-10]p114や『名言の内側』(木村尚三郎ほか著 日本経済新聞社 1990)[159-き]p70~71などにこの言葉は徳川家康の言葉ではなく、水戸光圀作といわれている「人のいましめ」がもとになっていると紹介されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
人生訓.教訓  (159)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
徳川家康
水戸光圀
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
『なんでもきいてみよう』(県立長野図書館 平成14 第34集)収録レファレンス
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
一般
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000025485解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!