このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000035937
提供館
(Library)
大阪府立中之島図書館 (2120002)管理番号
(Control number)
OSPR05110121
事例作成日
(Creation date)
2005年11月3日登録日時
(Registration date)
2007年07月11日 02時10分更新日時
(Last update)
2009年02月10日 17時27分
質問
(Question)
大阪のやきもの(陶器)に関する本を探しています。
周辺の府県には有名どころがいくつもありますが、大阪では古代の資料しか見つかりません。
「難波津焼」に関しては舞洲陶芸館の資料と大阪春秋を見たのですが、それ以外で大阪のやきも
のを紹介する資料があるでしょうか。
『日本のやきもの』を現在調査中ですが、それ以外にあれば教えてください。
回答
(Answer)
大阪の陶芸について、やきもの紀行的なものには記載があります。
例えば、『やきもの大百科』2西日本編(ぎょうせい、1990)に、桃山から
幕末にかけて成立した、大阪のやきものとして、高原焼、難波焼、湊焼、
谷焼、吉向焼、古曾部焼、高槻焼、桜井里焼をあげ、代表的なものとして、
高槻焼、湊焼、吉向焼を写真入りで説明しています(p38-39)。
窯里探訪では、現在も続く吉向焼(きっこうやき)の窯元の訪問記があります
(p120-121)。
これより若干古い資料になりますが、『日本やきもの集成7近畿2』(平凡社、1987)でも、
p106-110にかけて大阪のやきものを紹介しており、上記の事項にあるやきもの
それぞれについて5-30行ほどの解説を入れており、高原焼については、
別に「幻想の高原焼」と題するコラムが1ページにわたり記載されています。
個々のやきものについては、
『古曾部焼研究』(杉本捷雄著、学芸書院、1936) 777/209#
『堺陶芸文化史』(新屋隆夫著、同朋舎、1985) 941/567#
『吉向焼』(保田憲司著、保田藤子、1984) 751.1/22N
『水間焼』(新屋隆夫編、中野弥平治、2003) 751.1/276N
があります。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
陶磁工芸  (751 8版)
参考資料
(Reference materials)
『やきもの大百科』2西日本編(ぎょうせい、1990)(ページ:38-39,120-121)
『日本やきもの集成7近畿2』(平凡社、1987)(ページ:106-110)
『古曾部焼研究』(杉本捷雄著、学芸書院、1936)
『堺陶芸文化史』(新屋隆夫著、同朋舎、1985)
『吉向焼』(保田憲司著、保田藤子、1984)
『水間焼』(新屋隆夫編、中野弥平治、2003)
キーワード
(Keywords)
焼き物  
陶磁器
陶芸
大阪
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
大阪
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000035937解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!