このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000222813
提供館
(Library)
近畿大学中央図書館 (3310037)管理番号
(Control number)
20171006-1
事例作成日
(Creation date)
2017年10月06日登録日時
(Registration date)
2017年10月06日 11時06分更新日時
(Last update)
2017年12月19日 12時18分
質問
(Question)
ケース研究(ケーススタディ;事例研究)をおこなう方法について知りたい。
回答
(Answer)
以下の資料がみつかった。

<図書>
経営学を中心にした内容
【1】高橋広行, 徳山美津恵, 吉田満梨著 『ケースで学ぶケーススタディ』 同文舘出版 , 2015.4 ISBN:9784495385514
本館請求記号: 335.1 - Ta33
http://webcatplus.nii.ac.jp/webcatplus/details/book/30002674.html  (2017/12/14 確認)

【2】田村正紀著『リサーチ・デザイン : 経営知識創造の基本技術 = Research design』 白桃書房 , 2006.12 ISBN:9784561264576
本館請求記号:一般図書 335.1 - Ta82  
p.146~ 第7章 比較事例での因果推論技法
http://webcatplus.nii.ac.jp/webcatplus/details/book/4061285.html  (2017/12/14 確認)

・社会学全般を対象にしたもの
【3】ダン・レメニイ [ほか] 著 ; 小樽商科大学ビジネス創造センター訳『社会科学系大学院生のための研究の進め方 : 修士・博士論文を書くまえに』 同文館出版 , 2002.9 ISBN:4495865218
本館請求記号:307 - R26 
p.67- 第6章 ケース・スタディの方法
回答プロセス
(Answering process)
【1】 『ケースで学ぶケーススタディ』には、以下のように用語の整理をおこなっている。

p.5-6
ケース(事例)とは、「研究領域としての時間的、場所的に限られた事象(事例)」
p.7 
ケーススタディは、「事例研究という研究方法やその成果物としての論文や報告書」

ケーススタディと混同されやすいケースメソッドについて、以下の説明があり、用語を整理した図が掲載されている。
p.7
「ケーススタディ(case study)とは研究方法を表す場合に用いられる用語であり、ケースメソッド(case method)とは授業方法を表す用語である。」


また、理論事例のタイプとして、

【2】『リサーチ・デザイン : 経営知識創造の基本技術 = Research design』
p.80 先端事例、代表事例、逸脱事例、原型事例、適合事例、不適合事例の6つのタイプに分類し、定義と実例をあげている。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
企業.経営  (335)
研究法.指導法.社会科学教育  (307)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
ケーススタディ
case study
事例研究
卒論
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
定番
研究手法
調査種別
(Type of search)
文献紹介 所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
学生
登録番号
(Registration number)
1000222813解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!