このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000164453
提供館
(Library)
宮城県図書館 (2110032)管理番号
(Control number)
MYG-REF-140056
事例作成日
(Creation date)
2014/8/2登録日時
(Registration date)
2014年12月13日 00時30分更新日時
(Last update)
2014年12月13日 10時51分
質問
(Question)
筑摩書房刊『現代日本思想大系 22 西田幾太郎』の中で,西田が「モンテーン」の作品に好感を持っている記述がある。「モンテーン」の本を読んでみたい。
回答
(Answer)
1 「モンテーン」に関する記述について
資料1 『現代日本思想大系 22 西田幾多郎』筑摩書房, 1968【121/ケ1/22】
pp.455-460「暖炉の側から」の項
p.456 「(前略)私は近頃モンテーンにおいて自分の個々をの慰藉を見出すように思う。彼は豊富な人間性を有し,甘いも酸いもよく分っていて,いかなる心持にも理解と同情をもってくれそうな人に思える。(後略)」

2 「モンテーン」について
西田幾多郎の他の著書についてお調べしたところ,「モンテーン」の記述がありました。
資料2 『日本の名随筆 別巻92 哲学』作品社, 1998【914.6/ニホ832/192】
pp.35-39「フランス哲学についての感想 西田幾多郎」の項
p.36「(前略)そういう意味においては,かかる立場から世界を見るのはモンテーンが先駆をなしたということができるであろう。(中略)日常的題目を日常的に論じた彼の『エッセー』の中には,時に大げさな体系的哲学以上の真理を含んでいる。(後略)」

このことより,『エッセー』は『エセー』,その著者である「モンテーン」は「モンテーニュ」と推察されます。

3 「モンテーニュ」の著書について
当館所蔵の下記資料をご案内いたします。
資料3 ミシェル・ド・モンテーニュ, 宮下志朗 訳『エセー』全4巻, 白水社, 2005【954.5/モミ05Y】
資料4 ミシェル・ド・モンテーニュ[著] 宮下志朗編訳『モンテーニュ エセー抄』みすず書房, 2003【954.5/モミ036】
資料5 モンテーニュ[著] 関根秀雄編訳『新選モンテーニュ随想録』白水社, 1998【954/モミ987】
資料6 モンテーニュ[著] 関根秀雄訳『随想録 全訳縮刷版』白水社, 1995【954/モミ95X】
資料7 モンテーニュ[著] 関根秀雄 訳 斎藤広信 訳『モンテーニュ旅日記』白水社, 1992【955/モ2】
回答プロセス
(Answering process)
・当館蔵書検索システムの人名典拠や,人名辞典等で,「モンテーン」を調査したが,見当たらなかった。
・西田幾多郎の著書,研究書等を調べたところ,資料2に「モンテーン」の記述あり。「フランス哲学についての感想」に『エッセー』の著者がモンテーンとされていることより,モンテーンとは「モンテーニュ」のことではないかと推察した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
評論.エッセイ.随筆  (954 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
西田, 幾太郎(ニシダ, イクタロウ)
モンテーニュ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000164453解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!