このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000015064
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼川-1993-216
事例作成日
(Creation date)
1994/01/27登録日時
(Registration date)
2005年02月11日 02時15分更新日時
(Last update)
2008年02月29日 08時07分
質問
(Question)
ルーン文字の呪法的な意味と発音が知りたい。ゲルマン民族が1~14世紀に用いた特別なアルファベットで予言、魔術に使われたらしい。
回答
(Answer)
ルーン文字の呼称や意味はあったが、発音は一部分だけしか見あたらなかった。『言語学大辞典 上』p1733に〈古ノルド語〉の項、『オカルトの事典』p474掲載の呼称、意味などがあり、これらの資料を提供する。
回答プロセス
(Answering process)
『言語学大辞典 上』(三省堂 )p1733の〈古ノルド語〉の項に〈古ルーン文字〉の意味と発音(開いた〔e〕音ほか)の一部分あり。
『オカルトの事典』(フレッド・ゲティングズ 青土社)p474に呼称、確実に解る限りの意味あり。発音はなし。
『埼玉県立図書館合同蔵書目録』より関連資料を調査するがルーン文字の呼称、意味はあるが発音はなし。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
その他のゲルマン諸語  (849 9版)
人類学  (469 9版)
言語  (800 9版)
参考資料
(Reference materials)
『言語学大辞典 上』(三省堂)
『オカルトの事典』(フレッド・ゲティングス 青土社)
キーワード
(Keywords)
ルーン文字
言語学
ゲルマン民族 
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000015064解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!