このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000187448
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2015-120
事例作成日
(Creation date)
2015/05/21登録日時
(Registration date)
2016年01月22日 10時06分更新日時
(Last update)
2016年03月15日 16時13分
質問
(Question)
学校要覧に歴代校長を掲載する際に「第○代校長」と表記する時と「○代校長」とのみ表記する場合がある。どちらが正式か知りたい。
回答
(Answer)
用例として「第○代」の記述のある資料は見つかったが、「第○代」「○代」のどちらの表記が正式か記述のある資料は見つからなかった。
埼玉県の文書規則についての問合せ先として、埼玉県文書課を紹介した。
回答プロセス
(Answering process)
1 NDC分類〈81〉の参考図書を調査
『日本国語大辞典 8』(日本国語大辞典第二版編集委員会編 小学館 2001)
 p582〈第(だい)〉の項に「ニ[接頭]数を示す語について物事の順序を表わす。」とあり。
 p581〈代(だい)〉の項に「一[名]①家督や王位などを受け継いでその地位にある年月の間。」とあり。
『岩波新漢語辞典』(山口明穂、竹田晃編 岩波書店 2000)
 p982〈第〉の項「②順序を表わす数字の上につける語。「第一義・第二次・第三者」」とあり。
 p63〈代〉の項「②次々といれかわる世 イ家督や職務などを受け継いでその地位にいる間。」とあり。
『公用文作成の手引 第2次改訂版』(自治大臣官房文書課編 第一法規 1992)
 p166「常用漢字表」中に「第」あり。使用のきまりについては記述なし。
『これだけは知っておきたい公用文の書き方・用字用語例集』(渡辺秀喜著 日本加除出版 2011)
 p4-38「第2 文章表記の仕方」を中心に通覧するが記載はなし。
 p137 用字用語例集「だい 第」が接頭語であり。表記の決まりの記載はなし。
 p223- 改定常用漢字表一覧に「第」はあるが使用例などの記載はなし。
『新編現行の国語表記の基準』(ぎょうせい 1982)
 「第」の使用についての記述は見つからず。
2 NDC分類〈81〉の一般図書を調査
『言葉に関する問答集 総集編』(文化庁編集 大蔵省印刷局 1995)
 1-20集をまとめたもの。
 p26 「代」と「台」の使い分けの項目内での用例として「第十六代将軍」あり。
『日本語表現・文型事典』(小池清治ほか編 朝倉書店 2002)
 p184 「順番数詞表現」の項 「ものごとの時間的・空間的な順序、質や内容の等級、格付けなどを表すために、順番数詞(または序数詞・順序数詞とも)を用いた表現。時間的・空間的順序、質や内容など、評価を伴う等級・格付けを表す序列には、順番を表す「~番・~号・第~」などの序数詞を付けて表す。これを順番数詞と呼ぶ。」
『最新公用文用字用語例集 改定常用漢字対応』(ぎょうせい公用文研究会編 ぎょうせい 2010)
 p367 公用文作成の要領中に第が出てくるが、件名の配列のみ。
『公用文の書き表し方の基準 資料集』(文化庁編 第一法規出版 2001) 
『現代日本語文法 7』(日本語記述文法研究会編 くろしお出版 2009)
 列挙の接続表現 用法(p123-127)には該当記述なし。
『間違い漢字・勘違いことば診断辞典 気がつかない誤りに気がつく』(創拓社 1992)
『デイリーコンサイス用字辞典』(三省堂 1994)
『東京堂用字用語辞典』(野村雅昭編 東京堂出版 1981)
『そのまま使える文書・書式実例事典』(宮園正光編著 新星出版社 1998)
『用字用語新表記辞典』(第一法規 2011)
『新しい国語表記ハンドブック 最新の「常用漢字表」平成22年11月内閣告示で改定収録!』(三省堂 2011)
『表記の手引き』(教育出版 2009)
『数詞の発見』(辻本政晴著 新人物往来社 1995)
『語源探究』(日本語語源研究会編 明治書院 1986)
『日本語の系統』(白鳥庫吉著 岩波書店 1950)
『数詞って何だろう』(加藤良作著 ダイヤモンド社 1996)
3 インターネット情報
《Google》( https://www.google.co.jp/  Google 2015/05/19最終確認) を〈順番数詞表現〉で検索する。
《ウィキペディア》「序数詞」の項目( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BA%8F%E6%95%B0%E8%A9%9E  ウィキメディア財団 2015/05/19最終確認)
「序数詞の特徴
 分けて数えられるものの個数などの数量を表す基数詞に対して、序数詞はその中の順序・順番(序数)を表すためのものである。(略)日本語では(1以外に)単独の序数詞がない代わりに、「第-」を基数詞(特に助数詞が付かず基数詞のみの場合は、漢数詞が使われる)の前に付けて順序を表したり、「-目」を助数詞の後に付けて順番や何回目、何日目かなどの序数を表現している(「-目」は省略される場合もある)。その他には、順位を表す「-位」も序数の表現である。例:第二、第2回、2番目、2個目、2人目、2回目、2日目、2位」とあり。
《首相官邸ホームページ》( http://www.kantei.go.jp/  内閣官房内閣広報室 2015/05/20最終確認)
 歴代内閣での首相の表記は「第○代」
《文化庁》( http://www.bunka.go.jp/  文化庁 2015/05/20最終確認)
 長官のサイトでの表記は「第21代文化庁長官」
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
文法.語法  (815 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
日本語
学校事務
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000187448解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!