このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000037438
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M07031617158947
事例作成日
(Creation date)
2011/2/16登録日時
(Registration date)
2007年09月13日 02時12分更新日時
(Last update)
2019年03月31日 00時30分
質問
(Question)
“眉唾”という言葉の由来を知りたい。
回答
(Answer)
『隠語大辞典』(皓星社)によると、「眉唾物の略、だまされないように眉に唾をつけて用心すべきもの」とあり、続けて「眉に唾をつけると狐にだまされないという俗説から出た言葉」とある。また、『日本俗信事典』(角川書店)で「キツネ」の項においては「化かされぬように眉毛をぬらすとは、狂言記の『狐塚』にもある言葉」で、「岡山県児島地方では、キツネに眉毛を数えられたら、だまされるという」と説明されている。『新日本古典文学大系 58 狂言記』(岩波書店)の「続狂言記 巻四」収載の「狐塚」に「さればこそ狐が出た、あれは二郎冠者が声じや、よふ似せた、をのれ、化かさるることではないぞ、先眉毛濡らさふ」という表現が見える。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
辞典  (813 9版)
参考資料
(Reference materials)
木村義之編『隠語大辞典』東京 皓星社,2000,1488p.参照はp1194.  鈴木棠三著『日本俗信辞典 動・植物編』東京 角川書店,1982,620p.参照はp200.  『新日本古典文学大系 58 狂言記』東京 岩波書店,1996,646p.参照はp434.
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2007031617183258947
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢, 高校生, 中学生
登録番号
(Registration number)
1000037438解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!