このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000253525
提供館
(Library)
神奈川県立図書館 (2110018)管理番号
(Control number)
相-180010
事例作成日
(Creation date)
2018年09月13日登録日時
(Registration date)
2019年03月22日 11時34分更新日時
(Last update)
2019年03月22日 11時34分
質問
(Question)
「花いちもんめ」の歌詞、遊戯の態、来歴等を説明している資料を紹介してほしい。来歴は古代の歌垣と聞いているが、「花いちもんめ」とは、どういう意味だったのかといった事を知りたい。
回答
(Answer)
次の資料を紹介しました。

・『遊びの大事典』増田靖弘編 東京書籍 1989
p.136~143「子ども遊びの移入と変遷」に「身体競戯としての子どもの〚奪いあう〛遊びは、明治後期になって多様、多種」になり「「人奪い」系、「陣とり」系、および「場所奪い」系の3種」に大別できるとあります。「人奪い遊び」の中でも伝承遊びの性格の濃い「子取り遊び」として「花いちもんめ」が紹介されています。
また、p.631「向ひのばばさん」の項には、「「向ひのばばさん」は、1853(嘉永6)年の『守貞漫稿』にみられる鬼ごと遊びで、(中略)この「むかいのおばさん…」という一連のやりとり唄は、いまでは「花いちもんめ」の遊び唄に組み込まれている」とあります。

・『日本のわらべうた 戸外遊戯歌編』尾原昭夫編著 文元社 2009
「子もらい遊びうた」としてp.93~96に「花いちもんめ」が紹介されています。花いちもんめの歌詞の構成からおおよそ五種類に分けられ、それぞれの分布や累歌に関する記載があります。

・『日本童謡事典』上笙一郎編 東京堂出版 2005
p.316~318に「花いちもんめ」の項があり、解説、歌詞、遊び方について記載があります。p.317に「江戸や明治期の文献に同じ遊びが見られないことから、比較的最近になって形が整えられた遊びといえる。」とあります。

・『わらべうた研究ノート』本城屋勝著 無明舎出版 1982
p.304~308に「花いちもんめ(子取り)」の遊び方、歌詞等に関する記述があります。p.307~308では「花いちもんめ」と「お雛さまごっこ」の関係について述べられており、「「花」は「雛」の転じたもの」「「勝ってうれしい」は「買ってうれしい」、「負けてくやしい」は「負けて(値引きして)くやしい」から転じたものという見方も可能ではあるまいか。」とあります。

・『日本人の葬儀』新谷尚紀著 紀伊國屋書店 1992
p.338~349に「3 鬼ごっこ・花いちもんめ」があります。p.343には「鬼ごっこの「子を取ろ子取ろ」の遊びが徐々に変形して花いちもんめへと変化していった」という記述があります。

・本田和子「「花一匁」考 子どもたちの「歌垣」」『現代思想』11(2) 1983.2 
p.148~155 花一匁の歴史や、歌垣と花一匁の同型性について述べられています。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
なし
NDC
伝説.民話[昔話]  (388 9版)
声楽  (767 9版)
諸芸.娯楽  (790 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000253525解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!