このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000086890
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M10031619055763
事例作成日
(Creation date)
2010/01/15登録日時
(Registration date)
2011年06月01日 02時07分更新日時
(Last update)
2019年03月31日 00時30分
質問
(Question)
岡山県の柔術家,不遷流の田邊又右衛門についての資料はあるか。
回答
(Answer)
資料①『岡山県柔道史』は,岡山県内の柔道の流派や柔道家を,当時の市町村ごとに紹介しており,玉島市(現在の倉敷市玉島)のところに不遷流が大きく取り上げられている。 不遷流の元祖物外(もつがい)和尚から二代目以後の後継者や門人の名前が記載されており,田邊又右衛門についても,閑谷黌をはじめ児島や邑久郡等で不遷流を教えたことや,東京警視庁,広島陸軍衛戊監獄教師等を経て神戸へ道場遷式館を設け,武徳会兵庫県支部教師として同県の本部範士で審議員を勤めたことなど,詳しく紹介してある。ちなみに,不遷流という名前は,物外(もつがい)和尚が小僧時代に不遷と名付けられていたことによる。 資料②「吉備文化」第6号には,「不遷流柔術名人田辺又右衛門先生」という題で,実際に田辺又右衛門に柔術の手ほどきを受けた中山英三郎氏の文が掲載されている。 不遷流についての資料は,他にも資料③「倉子城」第13号に「不遷流と児島」という題で厳津政右衛門氏が,不遷流の簡単な説明のほか児島出身の不遷流の門人について紹介している。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
武術  (789 9版)
参考資料
(Reference materials)
資料①金光弥一兵衛著『岡山県柔道史』昭和33年,参照はp84-88
資料②「吉備文化 第6号」吉備文化発行所,昭和30年,参照はp7-11
資料③「倉子城 第13号」倉敷史談会,昭和53年,参照はp6-9
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2010031619040155763
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000086890解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!