このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000245502
提供館
(Library)
香川県立図書館 (2110006)管理番号
(Control number)
21274
事例作成日
(Creation date)
2018年11月09日登録日時
(Registration date)
2018年11月09日 11時50分更新日時
(Last update)
2018年12月13日 14時21分
質問
(Question)
高松市立中央球場及び丸亀市立城内球場について書かれた資料はあるか。
回答
(Answer)
1 高松市立中央球場の野球(特にプロ野球)に関する資料や参考文献等

次の資料に高松市立中央球場についての記述あり。

・新修高松市史3 高松市役所 1969
  p.14に次のような内容あり。
   ・1949.5 観光高松大博覧会第一会場(五番町)一帯を整地して、中央球場(市営)を設けた。
   ・中央球場は総面積19,860㎡、収容人数1万2千人、センターライン113メートル、左翼ライン92メートル、右翼ライン92メートル。
   ・中央球場の全ての工事が完成したのは昭和27年11月。
   ・縦4cm×横6.5cmの球場の白黒写真あり。

・讃岐球児の歩み~連盟五十年史 香川県高等学校野球連盟 1998
  巻頭のカラーページに
  「高松市立中央球場閉幕(昭和57年4月)」とキャプションのついた
  球場のカラー写真あり。サイズは縦7cm×横10.5cm。

2 丸亀市立城内球場と野球(特にプロ野球)に関する資料や参考文献等

次の資料に丸亀市立城内球場についての記述があり。

・丸高野球史 吉原義男/編・発行 2002
  p.15に「城内球場」の項あり。
  次の記述あり。
「昭和20年終戦とともに旧城内が開放され、旧御殿地に新球場開設の議があり、
 昭和21年から丸高在校生の勤労奉仕により、全て丸高生の協力と汗だけで造成された
 丸高野球場であった。当時は香川投手を揺(原文ママ)する母校最強のチームであり、
 松山商業をはじめ各県の協力チームが参集して試合を求め、
 球場の繁昌甚だしく、設備は整っていった。
 併し市民野球が盛んになって市民の野球場として開放され、
 丸高野球部そのものの練習は苦難をきわめた。その割に戦績は優秀であった。」
  球場の写真もあり。
  写真はカラーでサイズは縦6.5cm×横8cm。
回答プロセス
(Answering process)
次の2点の丸亀市史に丸亀市立城内球場についての記述は見当たらなかった。
・新修丸亀市史 丸亀市役所 1971
・新編丸亀市史3 近代・現代編 丸亀市役所 1996
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
球技  (783)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000245502解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!