このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000235092
提供館
(Library)
市川市中央図書館 (2310001)管理番号
(Control number)
市川20180101-01
事例作成日
(Creation date)
2018年01月01日登録日時
(Registration date)
2018年04月30日 11時50分更新日時
(Last update)
2018年04月30日 11時50分
質問
(Question)
三河屋円車の唄った“どんどん節”の歌詞を知りたい。
回答
(Answer)
『明治人名辞典 下巻』(古林 亀治郎/編輯 日本図書センター 1987)ミ之部p.32「三河屋圓車君」の項に、「君は浪花節界の老巧者なり、(後略)」とあることから、氏が「浪花節」すなわち「浪曲」師であることがわかる。

『定本日本浪曲史』(正岡容/著,大西信行/編 岩波書店 2009)をみると、p.161に円車のどんどん節について「原歌は、「向は下総葛飾郡、手前は武蔵の豊多摩郡、間を流るるその川は、雨さえ降るなら水も濁々溢るじゃなれど、誰がつけたか隅田川 ドンドン」である。つづいて、「駕で行くのはお軽じゃないか」とか、「酒は元より好きではのまぬ、あえぬ辛さのヤケでのむ」とかが喧伝された。」との記載あり。

また、国立国会図書館の図書館送信参加館内公開デジタル化資料『浪花節有名会』(浪会有名会/著 国華堂 1911)p.3に、三河屋円車の浪花節として「(中略)向ふは下総葛飾郡、手前は武蔵で豊島郡、あいを流るる彼の河は、雨さえ降れば、水は時々濁るかなれど、誰が名附たか  隅田川(ドンドン)」とあり、資料により歌詞の相違がみられた。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
大衆演芸  (779 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000235092解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!