このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000139229
提供館
(Library)
島根県立図書館 (2110035)管理番号
(Control number)
島根郷2005-06-003
事例作成日
(Creation date)
2005年06月29日登録日時
(Registration date)
2013年10月19日 16時03分更新日時
(Last update)
2014年02月22日 14時44分
質問
(Question)
松江市にあった劇場「えいとくざ」について、「栄徳座」と「永徳座」の2通り表記がみられるが、どちらが正しいのか
回答
(Answer)
当館所蔵資料より、以下の資料を紹介し回答
資料1:p88-90に松江の劇場の変遷について記述あり。「永徳座」の起源は明治時代に松江分(伊勢宮町)の「永楽座」とする。これが明治26~27年に天神町の白潟天満宮周辺に移転する。また大正3年前後に寺町に移転する。「永楽座」から「永徳座」に改名の時期については触れていない。また、座名を「永徳座」で統一している。

資料2:p1308-1311「劇場の変遷」があり。明治20年代に伊勢宮町に「永楽座」があり、明治26年の大洪水で大破し天神町の天満宮へ移転する。明治27年3月14日に「永楽座」を天満宮境内へ移し「栄徳座」と改名する。明治末年に寺町の駅通りに移転する。この資料では、永楽座→栄徳座。

資料3:巻末に年表あり。明治20年に、和多見松江分(伊勢宮)に永楽座が設置(のちに、天神裏に移って「永徳座」に。さらに寺町東林寺東に移転)。明治27年3月に、松江天神裏に永徳座(移転)。この資料では、永楽座→永徳座。

資料4:当時の新聞を確認する。明治27年3月15日付の記事に「栄徳座の開場式」という記事があり。天神境内に建設していた劇場栄徳座が3月14日に上棟式・開場式を行ったという内容。また、大正6年7月15日付の記事に新渡戸稲造博士が7月17日に「寺町栄徳座」で講演会を行うとする。新聞では「栄徳座」となっている。
なお、新聞記事の調査で、明治19年には「永楽座」の興行記事があったので、永楽座そのものの設置は明治19年以前に遡ることができる。また明治20年10~11月に永楽座の劇場建設の記事があるので、伊勢宮町に劇場を建てたのが明治20年頃と思われる。

以上より、質問者へは、資料によって表記が異なること、新聞では「栄徳座」としているが、「永徳座」を名乗っていた時期がある可能性も捨てきれない(未確認)、という内容で回答。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
質問者より:建物は大正6年7月30日に火災で全焼。
NDC
劇場.演出.演技  (771 8版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】池野誠/編・著. 島根の演劇 : 人と歴史. 松江市民劇場, 1977.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I000627076-00  (当館請求記号 郷貸出772/33)
【資料2】松江市誌編さん委員会 編. 新修松江市誌. 松江市, 1962.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001042391-00  (当館請求記号 郷貸出217.3/マ62)
【資料3】山陰中央新報社社史編纂委員会 編. 山陰中央新報百二十年史. 山陰中央新報社, 2003.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000004236415-00  (当館請求記号 貴重090.7/54 ※貸出禁止資料)
【資料4】 山陰新聞 マイクロフィルム
キーワード
(Keywords)
演劇
劇場
かぶき興行
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000139229解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!