このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000108212
提供館
(Library)
横浜市中央図書館 (2210008)管理番号
(Control number)
横浜市中央1787
事例作成日
(Creation date)
2011/11/30登録日時
(Registration date)
2012年07月05日 02時00分更新日時
(Last update)
2012年07月05日 02時00分
質問
(Question)
講談師坂本富岳が所有していた富岳座は現在のどの辺りになるか(例えば現在の建物)を調べたい。
下記の資料に記述があることは確認済みです。

1 『都市と娯楽 開港期~1930年代(首都圏史叢書 5)』 奥須磨子/編著 日本経済評論社 2004
  p.22    「赤坂区赤坂北町3-10」
2 『寄席切絵図 新装版』三遊亭圓生/著 , 山本進/編 青蛙房 2001
  p.164本文 「青山三丁目」
  p.165地図 「青山北町三丁目」
3 『新撰芸能人物事典 明治~平成』日外アソシエーツ編集部/編 日外アソシエーツ 2010
  p351 坂本富岳(1867~1924)は富岳座を経営していたとの記述あり。
回答
(Answer)
富岳座は、現在の「東京都港区北青山2丁目5番地」付近と考えられます。
調査過程と参考資料は下記の通りです。

1 旧住所の特定
  事前調査の2点の資料の住所に相違がありましたので、旧住所を別の資料で特定しました。
 
 (1)『明治大正東京散歩 古地図・現代図で歩く(古地図ライブラリー 別冊)
   梅田厚/ガイド文 , 逸見幸生/写真 , かよちん/イラスト , 人文社編集部/企画・
   編集 人文社 2003

   p.54に「明治四十年一月調査 東京市赤坂區全圖」と現代の地図が見開きで比較
   されています。個別の建物名は記載されていませんが、『寄席切絵図』のp.165の地図と
   同じ場所は「青山北町三丁目」と表記されています。

 (2)『明治東京区分地図(日本地図選集)』
   日本地図選集刊行委員会/編 人文社 1968
   明治37年の「赤坂區全圖」が所収されています。
   (1)と同様、上記『寄席切絵図』のp.165の地図と同じ場所は「青山北町三丁目」と
    表記されています。

 (1)(2)の地図では、ともに「赤坂区青山北町三丁目-10」の土地が少し広く、『寄席切絵図』の
  地図の場所と近いことや『都市と娯楽』の表に記載された住所から、
  富岳座は「赤坂区青山北町三丁目-10」に所在していた可能性が高いと考えられます。

2 現在の場所
  (1) 1(1)の『明治大正東京散歩 古地図・現代地図で歩く』の明治と現在の
    地図を比較すると、旧「赤坂区青山北町三丁目-10」は現「港区北青山二丁目」の
    「伊藤忠」の建物付近のようです。

  (2) 『ゼンリン住宅地図 港区 201004(東京都 3)』ゼンリン 2010
    当館所蔵の最新の住宅地図で確認したところ、同付近に「伊藤忠ビル 伊藤忠商事
    (株)」の建物がありました。
    多少区画が変わっている可能性がありますので、正確とはいえませんが、富岳座は
    概ねこの付近にあったと考えられます。    
    
    伊藤忠商事株式会社のホームページによると東京本社の住所は下記のものとなってい
    ます。参考にお知らせします。

    伊藤忠商事株式会社 本社地図ページ  http://www.itochu.co.jp/ja/about/map/    
    ・所在地 〒107-8077 東京都港区北青山2丁目5番1号


3 住所の変遷
  なお、明治3~40年代の「赤坂区青山北町」が現在の「港区」になるまでの変遷は、
  下記の資料で確認ができます。

  (1) 『角川日本地名大辞典 13東京都』
     「角川日本地名大辞典」編纂委員会/編纂(角川書店) 1978年
    p.997~「近現代 行政区画の変遷」
    ※ 港区が成立してからの地名の変遷はここには掲載されていません。

  (2) 『新修港区史』東京都港区/編(東京都港区)1979年
    p.1450~「第二編 第九章 町域の歴史 北青山一~三丁目」に現「港区北青山」
    の地名の変遷が掲載されています。
    p.1454に「住居表示による現町名町域への変化は、昭和四十一年(一九六六)十月
    であった」とあり、「青山北町」が現在の「北青山」であることが確認できます。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
劇場.演出.演技  (771 8版)
大衆演芸  (779 8版)
日本  (291 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000108212解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!