このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000204913
提供館
(Library)
所沢市立所沢図書館 (2310110)管理番号
(Control number)
所沢所分-2016-009
事例作成日
(Creation date)
2015/11/22登録日時
(Registration date)
2016年12月26日 00時30分更新日時
(Last update)
2016年12月28日 12時58分
質問
(Question)
長唄「松の緑(まつのみどり)」やその作者について知りたい。
回答
(Answer)
以下の資料に記述があります。
 〇『日本舞踊辞典』郡司正勝/編 東京堂出版 1977年
 〇『長唄を読む 3』西園寺由利/著 小学館スクウェア 2014年
 〇『ブリタニカ国際大百科事典 22』TBSブリタニカ/編 TBSブリタニカ 1994年
 〇『日本舞踊曲集覧』郡司正勝/編 柏出版 1975年
 〇『長唄の世界へようこそ』細谷朋子/著 春風社 2014年
 〇『邦楽曲名事典』 平凡社 1994年
 〇『名曲解説 日本舞踊事典』 浅川玉兎/著 柏出版 1973年
 
以下はCDのため音源の収録があります。
 〇『越後獅子|松の緑』 芳村五郎治/唄 日本伝統文化振興財団 2008年
 〇『長唄』 十四世杵屋六左衛門/[ほか]唄 日本伝統文化振興財団 2014年
回答プロセス
(Answering process)
1.所蔵資料の内容確認
 〇『日本舞踊辞典』郡司正勝/編 東京堂出版 1977年
  p.385 「松の緑」の項目があり、「素踊りの曲名。長唄。安政年間、四世杵屋六三郎(六翁)が、娘のせいが六を名乗った名披露目に作った曲で、作詞者不詳。(以下略)」の記載あり
 〇『長唄を読む 3』西園寺由利/著 小学館スクウェア 2014年
  p.200~201 「松の緑」の項目に、「歌」 「著者訳」 「作曲年代不詳 杵屋六翁」の記載あり 
 〇『ブリタニカ国際大百科事典 22』TBSブリタニカ/編 TBSブリタニカ 1994年 
 p.284 「杵屋六三郎」の項目があり、「(3)4世」に「安永8(1779)~安政2(1855) 1世杵屋正次郎の門弟。文化5(1808)年、4世を継ぐ。(中略)特に作曲にすぐれ、7世市川団十郎知遇を得、『勧進帳』を作曲したことは名高い。そのほか『老松』『富士娘』『吾妻八景』『松の緑』など。(以下略)」の記載あり
 〇『日本舞踊曲集覧』郡司正勝/編 柏出版 1975年
  p.127 「松の緑」の項目あり、「解題」に作詞者不詳。作曲杵屋六翁。安政年度初演。(以下略)」の記載あり
  「大道具」「小道具」「衣装」「かつら」「所要時間」について記載あり
 〇『長唄の世界へようこそ』細谷朋子/著 春風社 2014年
  p.65~73 「松の緑」の項目あり、
  「解説」に「「勧進帳」「吾妻鏡」などを作曲し、長中興の祖と呼ばれる四代目杵屋六三郎(本曲作曲時は六翁)が、自分の娘の襲名披露につくった祝儀曲と伝えられます。(略)」の記載あり
  「歌詞」「訳」「語句解釈」の記載もあり
  p.73「附 成立の補足」項目に「(略)作詞についても、近年は作曲者である六翁によるものと見る向きが強い。」の記載あり
   
2.後日調査の追加資料
 〇『越後獅子|松の緑』 芳村五郎治/唄 日本伝統文化振興財団 2008年(視聴覚資料)
  音源「松の緑」の所収あり
  解説書に「松の緑」の項目あり、解説で「作詞・不詳、作曲初世杵屋六翁。一人立ちの素踊り。(以下略)」の記載あり
 〇『長唄』 十四世杵屋六左衛門/[ほか]唄 日本伝統文化振興財団 2014年(視聴覚資料)
  ディスク2に音源「松の緑」の所収あり
  解説書p.12~13 「松の緑」の項目があり「初世杵屋六翁(四世杵屋六三郎)が安政二(1855)年に娘杵屋六の改名披露を祝し作曲したもので、長唄ご祝儀曲の代表曲」の記載あり
 
3.本館参考室による追加情報
 〇『邦楽曲名事典』 平凡社 1994年
  p.216~217「松の緑」項目があり、「長唄。作曲年代不明。天保年間(1830-44)説と安政年間(1854-60)説がある。作詞者不詳、作曲は初生杵屋六翁(四世杵屋六三郎の後名)。本調子。六翁の娘せいが杵屋六と改名した名披露目の会に開曲されたという。遊女の姿を歌った短い曲ではあるが、娘を若松になぞらえて、禿から松の位の太夫となり、年老いるまでを祝した曲。浄瑠璃風の旋律を転用した、上品で粋な曲。おもに祝儀曲として演奏される。」の記載あり
 〇『名曲解説 日本舞踊事典』 浅川玉兎/著 柏出版 1973年
  p.289 「松の緑(長唄)」の項目あり、「安政年間、杵屋六翁こと四世杵屋六三郎の娘が、杵屋六と改名した時に出来た長唄の独吟もので、(以下略)」の記載あり
 
4.内容確認したが、記載のない資料
 ×『伝承江戸音曲選集 第12巻』 ニッチョウ企画 2005 (DVD映像資料)
  「松の緑」の映像の所収はあるが、解説のの記載はなし
 ×『長唄便覧 上巻』 辻阪 和美/著 ダンダン 2007年
 ×『長唄便覧 下巻』 辻阪 和美/著 ダンダン 2007年
 ×『日本舞踊ハンドブック』 藤田洋/著 三省堂 2010年
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
舞踊.バレエ  (769 9版)
詩歌  (911 9版)
参考資料
(Reference materials)
日本舞踊辞典 郡司正勝/編 東京堂出版 1977 769.1
長唄を読む 3 西園寺由利/著 小学館スクウェア 2014.9 911.65 978-4-7979-8743-0
ブリタニカ国際大百科事典 22 TBSブリタニカ 編 TBSブリタニカ 1994
日本舞踊曲集覧 森治市朗/編 柏出版 1975 769.1
長唄の世界へようこそ 細谷朋子/著 春風社 2014.3 911.65 978-4-86110-400-8
越後獅子|松の緑 芳村五郎治/唄 日本伝統文化振興財団 2008.4
長唄 十四世杵屋六左衛門/[ほか]唄 日本伝統文化振興財団 2014.2
邦楽曲名事典 平凡社 1994.6 768.033 4-582-10912-8
名曲解説 日本舞踊事典 浅川玉兎/著 柏出版 1973.8 769.1
キーワード
(Keywords)
松の緑
長唄
杵屋六三郎
六翁
舞踏
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000204913解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!