このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000254774
提供館
(Library)
徳島県立図書館 (2110015)管理番号
(Control number)
徳参20170301
事例作成日
(Creation date)
20170314登録日時
(Registration date)
2019年04月12日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年04月17日 00時30分
質問
(Question)
「書生節」についての資料はないか。日本の音楽の元となったと言われている。辞典ではなく、どんなものがあったか知りたい。
回答
(Answer)
A.『邦楽百科辞典』音楽之友社 1984.11
 p.535 しょせいぶし 書生節
  「明治初期の流行唄。(中略)明治七(一八七四)年ごろに歌われたもので、壮士演歌の始まる少し前である。
  書生書生と軽蔑するな、末は太政官のお役人というのが元の歌。」

B.『近代はやり唄集』倉田喜弘/編 岩波書店 2016.9
 p.126-167 「書生の唄」に「己が罪の唄」等17の歌詞あり。

C.『流行歌でつづる日本現代史』高橋[しん]一/著 新日本出版社 1969
 p.24-25 「書生書生と軽蔑するな今の太政官はみな書生 この『書生節』は一八七〇(明治三)年ごろから
     流行しました。」
  「書生節」という題の歌の解説と歌詞あり。

D.『うたでつづる明治の時代世相 上』大久保慈泉/著 国書刊行会 1997.7
 p.186-187「書生節」という題でCと同じ歌詞。解説あり。
回答プロセス
(Answering process)
Aより明治の流行歌とわかったので、「流行歌」、「明治」のキーワードで所蔵検索する。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
声楽  (767 8版)
参考資料
(Reference materials)
邦楽百科辞典 (768アサp.535音楽之友社 1984.11)
近代はやり唄集 (91クラp.126-167倉田喜弘/編 岩波書店 2016.9)
流行歌でつづる日本現代史 (767.8タカ2p.24-25高橋[しん]一/著 新日本出版社 1969)
うたでつづる明治の時代世相 上 (210.6オオp.186-187大久保慈泉/著 国書刊行会 1997.7)
キーワード
(Keywords)
書生節 流行歌
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000254774解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!