このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000113101
提供館
(Library)
栃木県立図書館 (2110002)管理番号
(Control number)
r138
事例作成日
(Creation date)
2012年05月20日登録日時
(Registration date)
2012年10月28日 13時57分更新日時
(Last update)
2012年10月28日 13時57分
質問
(Question)
チボーの「音芸術の純粋さについて」が読みたい。『音楽と音楽家』(シューマン/著 吉田秀和/訳 岩波書店 2007)p235に出てくる。
回答
(Answer)
タイトル及び著者から、当館OPAC、NDL-OPAC等調査しましたが、該当する資料はありませんでした。

著者を特定するために、『外国人物レファレンス事典 4 古代-19世紀』(日外アソシエーツ編集部/編 日外アソシエーツ 1999)を確認したところ、以下の人物が確認できました。(p445)

Thibaud, Jacques 〈19・20世紀〉
フランスのヴァイオリン奏者、教育者。(1880-1953)

この人物の著作は当館に所蔵がありますが、上記『音楽と音楽家』を著したシューマンが1810-1856生没ですので、このジャック・ティボー氏はお尋ねの方ではないようです。

改めて、CiNiiで「音芸術の純粋性について」を検索すると、以下の1点が確認できました。

・海老沢敏/著「名著にみる西洋音楽美学思想の流れ(9)―ティボーの『音芸術の純粋性について』」(『音楽芸術』24巻12号 音楽之友社 1966)

残念ながら当館未所蔵の資料でしたので、海老沢氏の著作で所蔵しているものを確認したところ、以下の資料に上記論文が採録されていました。(「音芸術の純粋性について」に関する論文ですので、文章そのものを読むことはできません。)

・『音楽の思想 西洋音楽思想の流れ』(海老沢敏/著 音楽之友社 1972)p137-153
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
音楽の一般理論.音楽学  (761 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
音芸術の純粋性について
ティボー
チボー
シューマン
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
音楽
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000113101解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!