このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000184835
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M15012713570196
事例作成日
(Creation date)
2014/12/3登録日時
(Registration date)
2015年12月02日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年03月31日 00時30分
質問
(Question)
郷内小学校(倉敷市)の校歌が制定された年を知りたい。
回答
(Answer)
(1)岡山県立図書館蔵書検索システムで、キーワードを「郷内小学校」にして検索するが、郷内小学校の学校史に相当する資料が見当たらない。

(2)岡山県立図書館電子図書館システム「デジタル岡山大百科」の郷土情報ネットワークにて雑誌記事を検索するが該当なし。また、当館が収集する新聞切抜き記事を探すが記載資料が見つからない。

(3)『岡山県大百科事典 上』(資料①)の「郷内」の項目には、「倉敷市児島の旧村名。(中略)福岡、木見(旧山村の地域を除く)の2村と彦崎村のうち植松が1906年(明治39)合併して郷内村が誕生した。1959年(昭和34)植松は灘崎町に編入、他の全地域は児島市に合併編入、児島市は1967年(昭和42)倉敷市となった。」というように地域の歴史についての記載はあるが、郷内小学校についての記載はない。

(4)『郷内誌』(資料②)にある「学校」の項目には「郷内尋常高等小学校」の歴史がまとめられているが、校歌についての記述は見当たらない。「郷内尋常高等小学校」については「明治四十一年四月郷内高等小学校と、木見、福岡の二尋常小学校とを合併したるものなり(以下略)」と記載されている。

(5)『親子で読む郷内の歴史散歩 続』(資料③)には、「郷内小学校校歌」と「郷内尋常小学校校歌」が共に掲載されている。両者の歌詞は互いに少し違っているが、前者を左側に、後者を右側に掲載し、歌詞を対比して見ることができるようになっている。

 校歌については、以下のとおり記載されている。
「昭和7年に校歌が制定されています。この校歌の作詞者は、福江の木華佐久耶比咩神社(このはなさくやひめじんじゃ)の12代神官の三宅光信さんです。作曲は昭和7年から郷内校に赴任された、曽根の孝忠省三先生でした。この校歌は、大東亜戦争に敗れてから、左側のように改作されています。しかし、“すばらしい国日本の、すばらしい日本人になろう”という精神は、変わっていません。戦後郷内中学校が創立されましたが、この校歌も地元の作詞で、小中共に作詞者が地元の人で、共にこれからの日本を背負って立つ皆さんへの、期待を込めて作られた校歌です。」

(6)そのほか、『全国校歌・寮歌・応援歌と其の解説(音譜入)』(出口競編,文行社,1925年)、『岡山県下諸学校校歌集』(細謹舎編,岡山 細謹舎書店,1922年)、『郷内村の生い立ちと伝説』(新見重夫,大守哲著,郷内村〔児島郡〕大守哲,1954年)を確認するが、郷内小学校の校歌についての記載は見つからない。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
音楽  (760 9版)
参考資料
(Reference materials)
①岡山県大百科事典編集委員会『岡山県大百科事典 上 あ?そ』岡山 山陽新聞社,1980,1493p. 参照はp.959.
②渡辺知水『郷内誌』林村(児島郡)渡辺知水,1909,20丁. 参照は7-8丁.
③田辺進『親子で読む郷内の歴史散歩 続』倉敷 田辺進,2005,144p.参照はp.101-102.
キーワード
(Keywords)
郷内小学校
校歌
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2015012713594970196
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000184835解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!