このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000169871
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M15022611370265
事例作成日
(Creation date)
2015/02/26登録日時
(Registration date)
2015年03月25日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年03月31日 00時30分
質問
(Question)
「襲(かさね)の色目」についてのイメージがふくらむように、できるだけ図・写真などが大きい、ビジュアルがきれいな資料はないか。
回答
(Answer)
かさねの色目には、一領の衣服の表地と裏地の色合いを指す場合、複数の衣服の重ね着の際の色合いを指す場合がある。「重」「襲」のいずれの漢字も当てられている。(資料によっては前者を「重色目」、後者を「襲色目」と使い分けているものもある。)

『有識故実大辞典』の図版ページには、「装束の色の種類」「重ねの色目」として、布地を使用して表現した写真がある。五衣の重ねの色目である「櫨の匂」「山吹の匂」等が掲載されている。

『千年の色』『譜説かさねの色目配彩考』『日本色彩大鑑(2~4巻が平安時代に該当)』『日本色彩文化史』には実物の布を貼った色見本がある。印刷の色見本は多くの資料があるが、『かさねの色目(1988年)』は大判で見やすい。

『時代衣裳の着つけ』『十二単のはなし』には、現代のものであるが、十二単の構成の説明や実際に着付けた写真が掲載されているので、立体的なイメージがしやすいと思われる。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
デザイン.装飾美術  (757 9版)
参考資料
(Reference materials)
鈴木敬三編『有識故実大辞典』 吉川弘文館,1996,718,130p 図版60p. 参照は133p,図版.
太田耕嗣監修『千年の色』京都 太田工芸,2005, 全3冊.
長崎盛輝『譜説かさねの色目配彩考』京都書院 京都,1987, 全3冊.
松本宗久『日本色彩大鑑』 河出書房新社,1993, 全6冊.
前田千寸『日本色彩文化史』 岩波書店,1983,566,12p,図版32枚.
長崎盛輝『かさねの色目』京都 京都書院,1988,323p.
日本和装教育協会編『時代衣裳の着つけ』 源流社,2007,73p.
仙石宗久『十二単のはなし』 婦女界出版社,1995,263p.
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2015022611300970265
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000169871解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!