このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000259803
提供館
(Library)
京都府立京都学・歴彩館 (2110022)管理番号
(Control number)
京歴-445
事例作成日
(Creation date)
2018年09月06日登録日時
(Registration date)
2019年08月05日 13時24分更新日時
(Last update)
2019年08月05日 14時34分
質問
(Question)
刀剣の目貫(目抜)に関する資料、図録はないか。天光堂秀国の作品について調べたい。
回答
(Answer)
『日本大百科全書 22』(①)p.779によると「目貫(目抜)」とは、刀剣の柄(つか)につける装飾金具である。刀剣と柄はそれぞれにあけられた穴を目釘で留め合わせるが、目貫はその目釘の上を飾る金具である。近世以降は目釘と目貫は分離してつけられるようになったという。

『刀装金工事典』(②)のp.244に「川原林秀国」の項があり、解説が載っている。
それによると、「天光堂」は川原林秀国(ひでくに)の号であることがわかった。
秀国は文政8(1825)年伯耆国(現在の鳥取県)米子生まれ、旧姓は中川で代蔵といった。師である川原林秀興(ひでおき)の次女と結婚し、川原林家を継いだ。秀国には他に金竜斎という号もある。京都に住み、絵画も得意であった。明治24年に67歳で没し、京都西大谷鳥辺山の墓地に葬られている。

『日本美術作品レファレンス事典 工芸篇』(③)で川原林秀国の作品を探したところ、『続・日本の意匠 8』(④)、『続・日本の意匠 7』(⑤)に掲載されていることがわかった。
④の図46「猪図目貫」は、p.39にカラー図版、p.156にモノクロ図版で掲載されている。
⑤の図217「枝菊蒔絵打刀拵」(鐔以外の金具を川原林秀国が製作)は、pp.130-131にカラー図版、p.171にモノクロ図版で掲載されている。

『刀剣と刀装具:光村コレクション総目録』(⑥)のp.91に、秀国の目貫の作品が載っている。p.195の索引によると⑥には、秀国の鐔、揃金具、小柄・笄、縁頭、拵も掲載されている。

『幕末・明治の鐔・刀装金工:清水三年坂美術館コレクション』(⑦)のpp.60-64には、目貫を含んだ天光堂秀国の金具作品が掲載されている。

『刀装具にみる金工の美』(⑧)のp.63に天光堂秀国の「かちかち山目貫」のカラーが写真されている。同ページの解説には、秀国は京都の名門、大月派に属していたと記述されている。

『鏨の華:光村コレクションの刀装具』(⑨)に、川原林秀国の金具作品を含む刀剣として、作品No.208(pp.172-173)、No.214(pp.180-181)、No.215(p.182)が掲載されている。
回答プロセス
(Answering process)
閲覧室にある刀装関連(NDC・日本十進分類法756.6)の図録を見るが、天光堂秀国の名前は見当たらなかった。
『刀装金工事典』(②)によると、天光堂秀国は川原林秀国の号であると分かった。
『日本美術作品レファレンス事典 工芸篇』(③)で、川原林秀国の作品が掲載されている資料を調べ、④⑤を見つけた。
ほか、閲覧室と書庫にある刀装関連の資料を確認し、⑥~⑨にも川原林秀国・天光堂秀国の作品が掲載されているのを見つけた。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
金工芸  (756)
参考資料
(Reference materials)
① 日本大百科全書 22.小学館,1988. (当館請求記号:||031||N71||22)
② 若山猛編著.刀装金工事典.雄山閣,1984. (当館請求記号:||756.6||W28||)
③ 日外アソシエーツ株式会社編集.日本美術作品レファレンス事典 工芸篇.日外アソシエーツ株式会社,2002. (当館請求記号:||750.31||N71||)
④ 日本の意匠 続8.京都書院,1994. (当館請求記号:||757.08||N71||2-8)
⑤ 日本の意匠 続7.京都書院,1994. (当館請求記号:||757.08||N71||2-7)
⑥ 根津美術館学芸部編.刀剣と刀装具:光村コレクション総目録.根津美術館,2017. (当館請求記号:||756.6||N69||)
⑦ 幕末・明治の鐔・刀装金工:清水三年坂美術館コレクション.マリア書房,2008. (当館請求記号:E||756.6||B15||)
⑧ 蛭田道子編著.刀装具にみる金工の美.清水三年坂美術館・銀座長谷宝満堂,2001. (当館請求記号:||756.6||H75||)
⑨ 根津美術館,大阪歴史博物館,佐野美術館編.鏨の華:光村コレクションの刀装具.根津美術館,大阪歴史博物館,佐野美術館,2017. (当館請求記号:||756.6||N69||)
キーワード
(Keywords)
目抜
目貫
天光堂秀国
川原林秀国
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000259803解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!