このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000113967
提供館
(Library)
神戸市立中央図書館 (2210004)管理番号
(Control number)
神戸図-418
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2012年11月14日 10時25分更新日時
(Last update)
2013年03月28日 09時34分
質問
(Question)
卵の殻を使った漆塗の技法について書いたもの。
またその技法を用いた作品の写真があればみたい。
回答
(Answer)
『新装合本漆芸事典』 (光芸出版 2004刊)P313に「卵殻塗」の項目で説明があり、白黒写真「卵殻微塵打刀拵」1枚が掲載されている。「「変塗」(かわりぬり)にあたるという説明があったので「変塗」の項目も確認したところ「江戸時代に刀の鞘の塗り方として発達したところから鞘塗とも称する」とあり、作品は主に刀剣の鞘と推察される。
インターネット上では作品写真がみられるが、所蔵の漆や蒔絵の本には該当技法を用いたと表記されて作品はみつけられなかった。
『実用塗工術』(鈴木書店 1926刊)P257-8 に「変塗」の一種として「卵殻塗法」(たまごぬりほう)の項目で短い説明あり。
『漆工辞典』(角川学芸出版 2012刊)p424 に「変塗」の一種として短い説明あり。

追記
その後、蔵書となった
『漆の技法』 (阿部出版株式会社 2012 ) P64~ 「箔絵と螺鈿・卵殻」章に道具と技法がカラー写真図版付で解説されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
漆工芸  (752 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
卵殻塗
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000113967解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!