このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000208453
提供館
(Library)
さいたま市立中央図書館 (2210012)管理番号
(Control number)
中央-1-001075
事例作成日
(Creation date)
2016年12月28日登録日時
(Registration date)
2017年01月31日 19時26分更新日時
(Last update)
2017年03月13日 12時03分
質問
(Question)
展覧会カタログ『マン・レイ展』分冊1・2 (横浜美術館/編 毎日新聞社 1990年)の監修者について知りたい。
回答
(Answer)
質問の資料『マン・レイ展 分冊1』横浜美術館/編 毎日新聞社 1990年
を確認したところ、奥付に「展覧会監修…リュシアン・トレイヤール」との記載あり。

●本
以下の資料にリュシアン・トレイヤール氏に関する記載があった。
(1)『マン・レイ写真と恋とカフェの日々』ハーバート・R.ロットマン/著 白水社 2003年
p286 美術書の版元の遣いとしてフェルー街を訪ねたのをきっかけに助手となったルシアン・トレイヤールは、尊敬する師が次第に年老い、健康を損ね、気分も塞いでゆく様を身近で見守った。
との記述あり。

(2)『マン・レイ写真展 1917-75』マン・レイ/著 東日本鉄道文化財団 1996年
p7 緒言 リュシアン・トレイヤール 
p202~203 マン・レイの写真プリントについて リュシアン・トレイヤール
p204 密着焼き付け―マン・レイにおけるその使用法 リュシアン・トレイヤール
が掲載されているが、著者紹介はない。

●論文
(3)「境界の芸術家 : マン・レイとモード写真」木水 千里『Azur』(9)  p1-24 2008年 成城大学
p1 「1994 年に国立近代美術館にマン・レイの夫人、ジュリエット・マン・レイとそのアシスタントであるリュシアン・トレイヤールからの寄贈によってやっとそのコーパスが見え始めたマン・レイ研究は未だ基礎的な段階なのである(5)。」との記述があり、
注(5)に”1994 年の寄贈については以下の通りである。「1994 年、パリのポンピドゥ・センター内に設けられている国立近代美術家は、マン・レイ未亡人のジュリエットを中心に組織されていた『マン・レイ・アルチーヴ〔sic〕』より、マン・レイの12,000 枚に及ぶ写真ネガ・フィルムと5,000 枚もの密着紙焼き写真、および貴重な資料類の寄贈を受けた。およそ時を同じくして、この組織の一員でもありマン・レイ晩年の信頼されたアシスタントでもあったリュシアン・トレイヤールからも、約1,500 枚のネガ・フィルムの寄贈を受けたのである」(木島俊介「マン・レイ自由と快楽」、『マン・レイ写真展』東京新聞、2002、p. 22)。”との記述あり。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
写真  (740)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000208453解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!