このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000195358
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M16061611080121
事例作成日
(Creation date)
2016/06/14登録日時
(Registration date)
2016年07月29日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年03月31日 00時30分
質問
(Question)
笠岡市にある柳生写真館について知りたい。
回答
(Answer)
資料①『図説井原・笠岡・浅口の歴史』、資料②『笠岡今はむかし物語』には、写真・資料提供者として柳生写真館の名前がある。

資料③『写真集 明治・大正・昭和 笠岡』のまえがきに、「この写真集を作るについて、多くの人々の援助をこうむった。(中略)、特に笠岡の柳生写真館には格別の配慮を煩わした。同館は明治中期の開業にかかり、笠岡では最も古い写真館である。」とある。

資料④『写真広告』は、写真師・柳生金次郎が出した、開業1周年を迎えた正月の広告である。

有限会社柳生写真館のサイトによると、明治25(1892)年、初代柳生金次郎により創立とあり、2代目~5代目(現代)店主の略歴が紹介されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
写真  (740 9版)
参考資料
(Reference materials)
資料①『図説井原・笠岡・浅口の歴史』松本,郷土出版社,2009,230p.参照はp.227.
資料②この指とまれネットワーク委員会『笠岡今はむかし物語』笠岡,この指とまれネットワーク委員会,2013,72p.参照はp.72.
資料③田中舜治『写真集 明治・大正・昭和 笠岡』 国書刊行会,1981,126p.参照は、まえがき.
資料④柳生金次郎『写真広告』笠岡町(小田郡) 柳生金次郎,出版年不明,1枚.
キーワード
(Keywords)
柳生写真館
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2016061611001280121
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000195358解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!