このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000071186
提供館
(Library)
高知県立図書館・高知市民図書館本館 (2110040)管理番号
(Control number)
県立K2010-106
事例作成日
(Creation date)
2010年07月10日登録日時
(Registration date)
2010年09月11日 09時44分更新日時
(Last update)
2018年08月31日 17時52分
質問
(Question)
高知県の写真館の歴史、特に中村ではいつごろから写真がとられるようになったのか。
回答
(Answer)
※ 高知県立図書館・高知市民図書館合築に伴い、資料に関する情報が現在の情報とは異なる場合があります。 ※

中村で写真がとられるようになった時期はわかりませんが、次のような情報が得られましたので回答いたします。

 影山千夏「高知の写真史(1)高知県における写真の草創期」(高知県立美術館研究紀要 第2集)によると、以下のとおりです。
  はじめて高知の地に写真の歴史を刻んだのが井上俊三である。明治初頃高知に戻り、1870(明治3)年「第九等官度支局会計司写真御用」に任命され、藩の写真係として務め、農人町には写真所及び輸入雑貨店を開業している。

影山千夏「高知の写真史(2)大正の写真家集団」(高知県立美術館研究紀要 第4集)によると、大正期の写真館として「川田寫眞舘 中村町東下モ町に大正2年開業」が挙げられています。

 『土佐名鑑』(明治42発行)によると、中村ではありませんが、幡多郡宿毛町に「各国時計販売写真撮影発音機取次商 山本盈進堂」の名があります。
 
 その他、『英傑たちの肖像写真』(渡辺出版)にも井上俊三のことが書かれています。『中濱万次郎』(中濱博著、冨山房インターナショナル)には万次郎が咸臨丸で写真機を日本に持ち帰った(日本初ではない)話がでています。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
写真  (740)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
写真館
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000071186解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!