このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000259849
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
6900004329
事例作成日
(Creation date)
2019/05/29登録日時
(Registration date)
2019年08月07日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年08月09日 00時30分
質問
(Question)
明治時代に出版された絵本で、猫がどのように描かれていたのか知りたい。
回答
(Answer)
明治初期の絵本は、江戸時代から続く草紙問屋の「赤本」や「豆本」が多いが、現代まで残っているものは少ない。
その上で、参考資料となりそうな以下の資料を紹介した。

・『江戸児童図書へのいざない』(アン・へリング/著 くもん出版 1988.8)
p.197-241「江戸の猫たち」という章に、江戸時代の絵本における猫について書かれている。
最後に明治時代についても多少触れられている。

・『幕末・明治豆本集成』(加藤康子/編著 国書刊行会 2004.2)
p.318-323に豆本の「猫のはなし」の紹介および解説があり、その中に猫の絵本についての記述がある。

・『児童文芸』39(2)(日本児童文学家協会 1993.2)
p.6-15に、上記『江戸児童図書へのいざない』の著者アン・へリングへの対談「アン先生のニャンともゆかいな猫談義」(聞き手:泉名文子)があり、猫の絵本についても触れられている。

・『月刊絵本』3(11)<30>(すばる書房盛光社 1975.11)
「特集 猫の絵本」。p.14-15に「猫の草紙とおもちゃ絵」がある。

[事例作成日:2019年5月30日]
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
漫画.挿絵.児童画  (726 10版)
参考資料
(Reference materials)
江戸児童図書へのいざない アン・ヘリング∥著 くもん出版 1988.8 (197-241)
幕末・明治豆本集成 加藤/康子∥編著 国書刊行会 2004.2 (318-323)
児童文芸 日本児童文芸家協会 日本児童文芸家協会  39(2) (6-15)
絵本 すばる書房  3(11)<30> (14-15)
キーワード
(Keywords)
猫(ネコ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
書誌事項調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000259849解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!