このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000179360
提供館
(Library)
東京大学附属図書館 (3100002)管理番号
(Control number)
ASK0000024122
事例作成日
(Creation date)
2010年01月26日登録日時
(Registration date)
2015年09月03日 17時52分更新日時
(Last update)
2015年12月14日 17時05分
質問
(Question)
明治末から昭和初にかけて建築・美術系の評論活動をしていたと思われる
「佐々木恒清」(ササキツネキヨ?)という人物の略歴、活動の領域と
人脈(同志や論敵など)、遊学経験などを把握したい。
回答
(Answer)
[略歴について]
『東京帝国大学一覧』(明治39-40年版)によると、東京帝国大学文学部史学科(西洋史学受験)を
明治39年7月に卒業、奈良出身のようです。
『懐徳堂の過去と現在』によると、その後、大阪高等学校教授を経て
昭和4年に懐徳堂の講師となっています。

[人脈について]
同志や論敵は分かりませんでしたが、次の3人とは交流があったようです。

・秋月胤継(同時期に大阪高等学校教授から懐徳堂の講師になったようです。)
 (『懐徳堂の過去と現在』による)

著書(『日本の彫刻』)のはしがきで、尊敬する友人として以下の2名を挙げています。
・黒田鵬心
・大類伸(佐々木と同窓で、同じく明治39年7月に史学科(西洋史学受験)を卒業しています。)
 
[活動の領域について]
明治から現在の雑誌記事を検索することのできるデータベース、
「ざっさくプラス」で検索すると雑誌への論文掲載は
大正7~13年にかけて 歴史と地理 / 史學地理學同攷會 という雑誌に
最も多くヒットします。
主に、日本建築史、工芸美術、仏像、彫刻について論じているようです。

遊学経験については情報を見つけることができず、わかりませんでした。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
芸術理論.美学  (701 9版)
参考資料
(Reference materials)
東京帝国大学. 東京帝国大学一覧 明治39-40年. 東京帝国大学, 1912.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000039-I001971125-00
大阪大学. 懐徳堂の過去と現在. 大阪大学, 1979.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001493904-00
佐々木恒清 著 , 佐々木, 恒清, -1931. 日本の彫刻 上,下巻. 趣味普及会, 1918. (趣味講座 ; 第2,7篇)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000572734-00
キーワード
(Keywords)
佐々木, 恒清
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
学生
登録番号
(Registration number)
1000179360解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!