このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000165506
提供館
(Library)
横浜市中央図書館 (2210008)管理番号
(Control number)
横浜市中央2397
事例作成日
(Creation date)
2013年12月21日登録日時
(Registration date)
2014年12月27日 18時55分更新日時
(Last update)
2014年12月27日 18時55分
質問
(Question)
芸術の分類について調べています。
芸術は空間芸術と時間芸術に分かれ、また純粋芸術と応用芸術に分かれるということ
について書いている本はありますか。
回答
(Answer)
関係資料をご紹介します。

1 芸術の分類についての記述がある図書
 (1) 『美学事典』 竹内敏雄/編 弘文堂 1974年
    p.211~218 「芸術類型」の中の「芸術の種類」の項目に、さまざまな方法に
   よる分類についての記述があります。P.217には、カインツによる分類の図式と、スーリオ
   による円形図の分類表が掲載されています。ただし、この中には「純粋芸術」、「応用
   芸術」という言葉はありません。なお、p.215の「自由芸術と応用芸術」についての説明
   に、「~芸術はまず、美的効果と同時に実際的効用をめざし、この目的に奉仕するか
   否かによって、二つの種類にわかたれる。一は自由芸術あるいは純粋芸術とよばれ
   (以下、略)」とあります。また、「空間芸術」については、p.235~237にも記述があります。
 (2) 『美学総論』 竹内敏雄/著 弘文堂 1979年
    p.636~713 「続編 芸術理論 第三章 芸術の分類」。p.696に表がありますが、
この中には「純粋芸術」、「応用芸術」という言葉はありません。なお、事項索引を見
ますと、第三章以外にも、「応用芸術→効用芸術」、「時間芸術」、「空間芸術」、
「純粋芸術(自由芸術)」について関連する記述があります。
 (3) 『芸術学』 渡辺護/著 東京大学出版会 1988年
    p.122~141 「第八章芸術の分類」
 (4) 『講座美学 第4巻』今道友信/編 東京大学出版会 1984年
    p.9~14 「2 芸術の分類」。p.13、14に1-(1)に掲載されているものと同じ
スーリオによる円形図の分類表、1-(2)に掲載されている竹内敏雄による分類表
に手を加えたものが載っています。

2 用語辞典
  芸術の分類全体についての記述はありませんが、「空間芸術」「時間芸術」等の言葉
の意味が簡略に記載されていますので、参考までにご紹介します。
 (1) 『新潮世界美術辞典』 新潮社 1985年
    「空間芸術」の見出しがあります。
 (2) 『日本美術用語辞典』和英対照日本美術用語辞典編集委員会/編
 東京美術 1990年
    「空間芸術」、「時間芸術」、「応用美術」の見出しがあります。
    なお、p.306「純粋美術」の項目に、「自由芸術とも呼ばれる」とあります。
 (3) 『岩波 西洋美術用語辞典』 益田朋幸/編著 岩波書店 2005年
    「純粋芸術」の見出しがあります。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
芸術理論.美学  (701 8版)
参考図書[レファレンスブック]  (703 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000165506解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!