このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000088081
提供館
(Library)
秋田県立図書館 (2110003)管理番号
(Control number)
秋田-1288
事例作成日
(Creation date)
2011年7月4日登録日時
(Registration date)
2011年07月04日 11時55分更新日時
(Last update)
2012年08月25日 10時51分
質問
(Question)
能代春慶について、その歴史が記載されている資料がほしい。
回答
(Answer)
飛騨春慶とともに、春慶塗の双璧として、伝統を継承している秋田県を代表する伝統工芸品である。
 ・『能代春慶塗』…毎日新聞切抜き歴史や能代春慶の特徴、生産者の紹介等を3回にわたり連載している。
 ・『能代春慶塗のご案内』…春慶塗のパンフレット。
 ・『民芸の秋田』第3号P14~17、第4号P8~10…日本の漆器の歴史からさかのぼり、能代春慶の創始から工作法の紹介などあり。
 他に、『秋田県立図書館所蔵郷土関係主題別文献目録』には、「漆工芸」の項目の中に、何点か能代春慶について、記載のある資料があった。
  比較的記載の詳しいものとしては、以下の資料がある。
 ・『秋田の民芸』 のP57~59には、能代春慶の歴史と特色が記載されている。
 ・『近世漆器工業の研究』のP520~542には、“能代春慶の系譜”、“秘法と独占”、“技法の伝播・交流”と題して詳しい記載がある。
 ・『東北の工匠』のP21~28には、能代春慶とその作家の紹介がある。
 ・『秋田の工芸技術』P30~35には、「春慶塗」として、“沿革・由来”、“概要・特色”、“制作技術”、“保存・伝承の現状”といった項目で紹介がある。
 ・『よみがえる民芸1~30』は、秋田魁新報新聞記事連載の一部として、19回目に“文字通りの家内工業”として紹介がある。
 ・『秋田県史 民俗工芸編』P212~221には、「漆工史」の中の一節として、特色や、歴史等の記載がある。
 ・『能代市史稿』 P259~267には、その歴史が記載されている。
 
回答プロセス
(Answering process)
“能代春慶”で検索。3点紹介。
また、『秋田県立図書館所蔵郷土関係主題別文献目録』の“漆工芸”の項目には、能代春慶についての記載のある資料がある。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
工芸  (750 8版)
芸術.美術  (700 8版)
産業史.事情.物産誌  (602 8版)
参考資料
(Reference materials)
『能代春慶塗』 
『能代春慶塗のご案内』 石岡春慶店
『民芸の秋田』 秋田県民芸協会 1979
『秋田の民芸』 秋田魁新報社 1983
『近世漆器工業の研究』 半田市太郎 1970
『東北の工匠』 毎日新聞社 1979
『秋田の工芸技術』 秋田県教育委員会 1983
『よみがえる民芸』 
『秋田県史』 民俗・工芸編 秋田県 1978
『能代市史稿』 能代市史編纂委員会 1981
キーワード
(Keywords)
能代春慶
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000088081解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!