このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000260077
提供館
(Library)
相模原市立橋本図書館 (2210035)管理番号
(Control number)
相橋-R1-017
事例作成日
(Creation date)
2019年03月19日登録日時
(Registration date)
2019年08月10日 16時53分更新日時
(Last update)
2019年08月10日 17時48分
質問
(Question)
「忘れえぬ女(ひと)」を描いたイワン・クラムスコイの他の作品(宗教画)が見たい。
回答
(Answer)
資料①②③⑤⑥を提供した。
回答プロセス
(Answering process)
オンラインデータベース ジャパンナレッジ Lib( http://japanknowledge.com/library/ 2019/03/19 最終確認)でキーワード“クラムスコイ”で検索した結果、次の情報がヒットした。
クラムスコイ
くらむすこい
Николаевич Крамской/Ivan Nikolaevich Kramskoy
[1837―1887]
19世紀ロシア美術を代表する画家の一人。貧しい町人階級の出で、若いころは写真師のもとで修正の仕事なども手がけ、のちペテルブルグの美術アカデミーに学んだ。しかし、当時のアカデミズムに反発して、移動展に積極的に参加し、肖像画の分野でも優れた仕事を残した。『荒野のキリスト』(1871・トレチャコフ美術館)は苦悩するキリストの姿を全的に表現して、ロシア宗教美術の傑作の一つとなった。また、文豪トルストイと親交を結び、その肖像画(1871)も有名である。このほか、ネクラーソフ、サルティコフ・シチェドリン、シーシキンなども描いている。晩年は明るく色彩豊かになり、その代表作として『見知らぬ女』(1883)がある。彼の肖像画ではその目の表情に独特のものが認められる。[木村 浩] 日本大百科全書(ニッポニカ)

市内OPACでキーワード“クラムスコイ ”で検索した結果、次の資料が見つかった。
①『レーピンとロシア近代絵画の煌めき』 レーピン/〔ほか画〕 東京美術 2018 【自館請求記号:723.38】
P22にイワン・クラムスコイの略歴と、『荒野のキリスト』が説明文とともに掲載されている。
また、その他にもイワン・クラムスコイの描いた肖像画が多数掲載されている。

また、上記の検索結果の書誌情報から次の資料が見つかった。
②『忘れえぬ女 帝政ロシアの画家・クラムスコイの生涯』 鈴木竹夫/著 蝸牛社 1992 【神奈川県立図書館請求記号:723.38AA 4】
クラムスコイの作品が白黒で多数掲載されているが、肖像画が多い。その中で宗教画といえそうなものはP120の「荒野のキリスト」、P226の「嘲笑。喜べ、ユダヤの王よ」(未完成)である。

検索エンジンGoogle( http://www.google.co.jp/ 2019/03/19 最終確認)で検索した結果、次のサイトがヒットした。
イワン・クラムスコイ - Wikipedia( https://www.google.co.jp/search?source=hp&ei=OEQwXYezIdKA-QbV9qC4Cw&q=%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%A0%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%82%A4&oq=%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%A0%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%82%A4&gs_l=psy-ab.3..0l8.1987.6392..6880...3.0..0.175.1525.20j2......0....1..gws-wiz.....0..0i131j0i131i4j0i4j0i4i3.IpyLye8UiDU&ved=0ahUKEwiHr9_nm77jAhVSQN4KHVU7CLcQ4dUDCAg&uact=5 2019/03/19 最終確認)
参考文献として次の資料が掲載されている。
③『図説|帝政ロシア』 土肥恒之/著 河出書房新社 2009 【相模原市立図書館請求記号:238.05】
P86-95の「7 描かれた帝政ロシア」の章にクラムスコイ(本書では「クラムスコーイ」と表記されている)やレーピン、トレチャコフ美術館などに関する記述があり、「クラムスコーイ自画像」「見知らぬ女」「トレチャコフ」の作品が掲載されている。

レファレンスの芸術・美術の棚の次の資料で調べた。
④『西洋美術作品レファレンス事典 絵画篇 19世紀印象派以降』 日外アソシエーツ 2005 【自館請求記号:R723】
P124に「クラムスコイ,イワン」の項があり、「荒野のキリスト」「見知らぬ女」「モイセーエフの肖像」の3点の作品について、それぞれ次の資料に掲載されているという記載がある。

⑤『世界美術大全集 第21巻 西洋編』 馬淵明子/編 小学館 1998 【自館請求記号:708橙大型】
P278-279に「荒野のキリスト」「見知らぬ女」が掲載されている。

⑥『原色世界の美術 10』 小学館 1972 【相模原市立相模大野図書館請求記号:708】
P97に「モイセーエフの肖像」」が掲載されている。

回答後に、上記のジャパンナレッジの情報から“トレチャコフ美術館”をキーワードに市内OPACで検索した結果、次の資料が見つかった。
⑦『図録「トレチャコフ美術館」』 図録トレチャコフ美術館刊行委員 1989 【相模原市立図書館請求記号:708】
図版55「レオ・トルストイの肖像」、図版56「自画像」、図版60「荒野のキリスト」、図版61「見知らぬ人」が収録されている。またp351にクラムスコイとその収録作品についての解題がある。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
叢書.全集.選集  (708)
洋画  (723)
参考資料
(Reference materials)
『レーピンとロシア近代絵画の煌めき』 レーピン/〔ほか画〕 東京美術 2018
『忘れえぬ女 帝政ロシアの画家・クラムスコイの生涯』 鈴木竹夫/著 蝸牛社 1992
『図説|帝政ロシア』 土肥恒之/著 河出書房新社 2009
『西洋美術作品レファレンス事典 絵画篇 19世紀印象派以降』 日外アソシエーツ 2005
『世界美術大全集 第21巻 西洋編』 馬淵明子/編 小学館 1998
『原色世界の美術 10』 小学館 1972
『図録「トレチャコフ美術館」』 図録トレチャコフ美術館刊行委員 1989
キーワード
(Keywords)
イワン・クラムスコイ
クラムスコーイ
トレチャコフ美術館
ロシア絵画
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000260077解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!