このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000195960
提供館
(Library)
滋賀県立図書館 (2110049)管理番号
(Control number)
滋2016-0047
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2016年08月18日 00時30分更新日時
(Last update)
2016年08月18日 00時30分
質問
(Question)
江戸時代中期から後期にかけて、長浜、米原にあった船問屋の名前が知りたい。
回答
(Answer)
長浜については、『長浜市史 第3巻』に「船問屋は天和二年段階では古来からの問屋が八軒、新問屋が五軒あった。その名前は次のとおりである。八軒問屋 三左衛門 助右衛門 長左衛門 三四郎 九右衛門 又右衛門 十右衛門 三郎右衛門  新問屋 左介 喜兵衛 弥一郎 四朗右衛門 久四郎」と記載されています。また「元禄八年(一六九五)には一軒減り、以降、江戸時代を通じて十二軒が船問屋職を運営していった」ともあります。なお同資料には、旧来からの問屋として名を挙げられている三左衛門は、吉川三左衛門といい、船年寄も務めていたことが記されています。

米原については、『米原町史 通史編』に「船問屋仲間五人が存在していた」との記載があり、『江戸時代の米原湊』には船問屋兼船主として北村源十郎の名が挙げられています。なお、この北村源十郎家の文書は、滋賀大学経済学部附属史料館に寄贈されています。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
内陸水運.運河交通  (684 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 長浜市史 第3巻 町人の時代 長浜市史編さん委員会∥編集 長浜市役所 1999年 S-2161-3 p.75-76

2 米原町史 通史編 米原町史編さん委員会∥編集 米原町役場 2002年 S-2164-1 p.646

3 江戸時代の米原湊 滋賀大学経済学部附属史料館∥編集 滋賀大学経済学部附属史料館 1999年 SB-6864- 99

4 滋賀県史料蒐集目録 1 大津市・草津市・八日市市・栗太郡・野洲郡・蒲生郡 東京大学史料編纂所∥編集 東京大学史料編纂所 1963年 5-2000-1

5 滋賀県史料蒐集目録 2 神崎郡・愛知郡・犬上郡・坂田郡 東京大学史料編纂所∥編集 東京大学史料編纂所 1963年 5-2000-2

6 滋賀県史料蒐集目録 3 神崎郡・犬上郡・愛知郡・坂田郡・長浜市・東浅井郡・伊香郡 東京大学史料編纂所∥編集 東京大学史料編纂所 1963年 5-2000-3

7 滋賀県史料蒐集目録 4 伊香郡・高島郡・滋賀郡・大津市・栗太郡・草津市・野洲郡・蒲生郡・近江八幡市・坂田郡・東浅井郡・神崎郡 東京大学史料編纂所∥編集 東京大学史料編纂所 1963年 5-2000-4

8 滋賀県古文書等所在確認調査報告書 滋賀県教育委員会文化財保護課∥編 滋賀県教育委員会 1983年 S-2000- 83

9 海津文書目録 マキノ町誌編さん室∥編集 マキノ町誌編さん室 1983年 5-2012- 83

1 近江坂田郡志 中巻 坂田郡役所∥編 賢美閣 1980年 S-2160-2
キーワード
(Keywords)
船問屋
湖上交通
水運
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000195960解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!