このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000143292
提供館
(Library)
同志社大学 今出川図書館 (3310014)管理番号
(Control number)
2012-053
事例作成日
(Creation date)
20121130登録日時
(Registration date)
2014年01月14日 13時17分更新日時
(Last update)
2015年04月13日 15時57分
質問
(Question)
板垣退助が暴漢に襲われた(岐阜事件)の後、岐阜から琵琶湖の石場まで乗った船の名前を知りたい。
『新島襄全集』第8巻p.234には「貞崇丸」とあるが、『新島襄全集』第5巻p.128「真崇丸」と記述されている。どちらが正しいのか?
船に乗ったのは1882年(明治15年)4月17日である。
回答
(Answer)
お尋ねの船の名前は、「真宗丸」または「眞宗丸」と確認できました。

まず、『新島襄全集』での記載ですが、『新島襄全集』8巻p.234は同5巻p.128が出典とされています。
5巻p.128の記述の元となった「日抄」は、新島が毛筆で和紙に書いた日記です。以下に、電子ファイルで公開されており当該箇所を画像で確認いただけます。
「新島遺品庫資料の公開」
http://joseph.doshisha.ac.jp/ihinko/html/n01/n01010/N0101001G.html [参照 2014-02-19]
資料検索 資料名「日抄」で検索
目録番号 : 0668 日抄 (10668043.jpg)
少々判読しづらいですが、「真崇丸」または「眞崇丸」と記述されているようです。

また、以下の資料でも「真宗丸」または「眞宗丸」との表記でした。
・琵琶湖汽船株式会社編『航跡 : 琵琶湖汽船100年史』 →「真宗丸」
・『新修大津市史』(大津市 , 1978-1987)    →「真宗丸」
・朝日新聞 1882年4月19日 大阪/朝刊 2頁 1段    →「真宗丸」
・読売新聞 1882年4月20日 朝刊1頁3段       →「眞宗丸」
回答プロセス
(Answering process)
1.まず、新島襄著『新島襄全集』(同朋舎出版,1983-1996)を確認したところ、8巻p.234「貞崇丸」は5巻p.128「真崇丸」が出典とされていた。
5巻p.128は7.日抄に含まれており。日抄は「新島遺品庫資料」で確認ができる。(目録番号0668 日抄10668043.jpg)
http://joseph.doshisha.ac.jp/ihinko/html/n01/n01010/N0101001G.html [参照 2014-02-19]
→「真宗丸」または「眞宗丸」

2.本学OPACで「琵琶湖」「船」をキーワード検索し、NDC:684(内水・運河交通)周辺をブラウジングした。
(1)琵琶湖汽船株式会社編『航跡 : 琵琶湖汽船100年史』の「太鼓汽船会社の設立」p.36に「明治15年2月第1真宗丸建造して西浦航路に就航、なお引き続き第2真宗丸の建造に着手~」の記述があった。


(2)前著の参考文献に挙げられていた『新修大津市史』,(大津市,1978-1987)第5巻 第3節 水運の変貌 p.342に「また同十五年には北陸真宗門徒の勧誘により、九十七トンの大型船真宗丸が進水した」との記述があった。

3.次に、新聞記事を検索した。
(1)聞蔵Ⅱ「朝日新聞縮刷版1879-1989」で「真宗丸」を検索したところ、2件ヒットした。
1882年4月19日大阪/朝刊2頁1段に○一昨十七日着坂なり……(板垣退助大阪入り【大阪】「一昨十七日着坂なりし板垣退助君を迎ひの為め其前日別仕立にて差立られし琵琶湖汽船眞宗丸は~(略)板垣君ハ午前丁時半彦根の旅館発して眞宗丸に乗込まれ午後二時前に石場なる遠帆廊下へ着せられ」

(2)ヨミダス歴史館「明治・大正・昭和」を「真宗丸」で検索したがヒットしなかったので、「板垣退助」で日時を1882年4月に絞って検索したところ、1882年4月20日の朝刊に「板垣退助が岐阜を出発 途中1泊して大阪到着、真島襄一郎宅に滞留、傷を養生」の見出しで、「汽船眞崇丸にて同所へ赴き同君ハ此船に乗って大津へ着き」の記述があった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
内陸水運.運河交通  (684)
参考資料
(Reference materials)
新島襄全集編集委員会 編. 新島襄全集 5 (日記・紀行). 同朋舎出版, 1984.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001682040-00 , ISBN 4810404013 (NCID:BN00185411)
新島襄全集編集委員会 編. 新島襄全集 8 (年譜編). 同朋舎出版, 1992.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002203094-00 , ISBN 4810410862 (NCID:BN00185411)
琵琶湖汽船株式会社 編. 航跡 : 琵琶湖汽船100年史. 琵琶湖汽船, 1987.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001902726-00  (NCID:BN01400837)
新修大津市史 第5巻 (近代). 大津市, 1982.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001574284-00  (NCID:BN00824543)
キーワード
(Keywords)
自由民権運動
板垣退助
琵琶湖
岐阜事件
同志社
新島襄
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000143292解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!