このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000141524
提供館
(Library)
近畿大学中央図書館 (3310037)管理番号
(Control number)
20131203-5
事例作成日
(Creation date)
2013年12月03日登録日時
(Registration date)
2013年12月03日 19時36分更新日時
(Last update)
2017年12月19日 15時56分
質問
(Question)
引札について知りたい。
回答
(Answer)
<コトバンク>
世界大百科事典 第2版 ひきふだ【引札】
http://kotobank.jp/word/%E5%BC%95%E6%9C%AD (2017/12/19 確認)
「一枚刷りの広告。今日の〈ちらし広告〉に相当する。京坂では早くから〈ちらし〉と称していた。引札の始まったのは元禄(1688‐1704)近くになってからのことで,文化・文政期(1804‐30)に盛んに行われるようになった。江戸時代から明治初期にかけての広告といえば,店舗に取りつける看板,のれんか物売りの口上のようなものを除けば,配る広告としての引札,はる広告としての〈びら〉があったくらいである。初期の引札では,越後屋が1683年(天和3)江戸の日本橋駿河町に開店したときの,いわゆる〈現金安売かけ値なし〉の引札が有名である。」

デジタル大辞泉 ひき‐ふだ 【引(き)札】
「1 商品の宣伝や開店の披露などを書いて配る広告の札。「引越は容易に出来ますと云う移転会社の―であった」〈漱石・門〉」

<事典類>
「江戸時代以後、商店が開店や商品売出しを宣伝するために配るふだ。江戸時代初期までは「報条」「札まわし」「口上(書)」「目録(書)」などと呼ばれた。十八世紀中ごろに引札の語が生まれた。『近世風俗志』には、江戸では「引札」と呼ぶが、京坂では「ちらし」と呼んだと記されている。(後略)」
[参考文献]増田太次郎『引札絵ビラ風俗史』(『青蛙選書』五九)、井上隆明『江戸コマーシャル文芸史』
"ひきふだ【引札】", 国史大辞典, JapanKnowledge, http://japanknowledge.com, (2017/12/19 確認)

<Webサイト>
引札 (大阪商業大学 商業史博物館 バーチャル書庫閲覧室)
http://moch2.daishodai.ac.jp/index.php/201b000000000_gaiyo?viewid=3117 (2017/12/19 確認)
京都・大阪の商店が発行していた引札を見ることができる。

古典籍総合データベース(早稲田大学図書館)
http://www.wul.waseda.ac.jp/kotenseki/index.html (2017/12/19 確認)
引札 の検索結果
http://www.wul.waseda.ac.jp/kotenseki/search.php?cndbn=%E5%BC%95%E6%9C%AD (2017/12/19 確認)
数多くの引札の画像が公開されている。

<図書の検索結果>
Webcat Plus Minus による検索結果
http://webcatplus.nii.ac.jp/pro/?q=&t=%E5%BC%95%E6%9C%AD&ps=&pe=&m=&c=&i=&r=&p=&a=&l=&n=300&o=yd&lang=ja (2017/12/19 確認)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
広告.宣伝  (674 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
引札
広告
宣伝
びら
チラシ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000141524解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!