このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000164695
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M14040317268422
事例作成日
(Creation date)
2014/04/02登録日時
(Registration date)
2014年12月17日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年03月31日 00時30分
質問
(Question)
岡山で最初に設置されたエスカレーターの場所、時期、その様子はどのようなものであったか。
回答
(Answer)
・『岡山事物起源』(資料①)の「デパート」(p.34)の項に「大正十四年三月西大寺の天満屋が岡山市の下之町に進出」、「エレベーターや、エスカレーター、アイススケート場もこの店が岡山第一号」とあるが、それぞれの設置時期についてはふれられていない。

・『天満屋百五十年史』(資料②)の巻末年表(p.243)によると、昭和33年に「岡山店エスカレーター工事に着手(5月18日)」、「岡山店エスカレーター運転開始(9月10日)」とある。また、「〔昭和〕32年には客用エレベーターを増設、翌33年にはエスカレーターを新設する」(p.117)という記述も確認できる。

・『山陽新聞』(資料③)には、「祝 エスカレーター完成」、「岡山ではじめてのエスカレーター 9月10日運転開始」、「エスカレーター新設記念大売り出し」という全面広告が掲載されている。

・『山陽新聞』(資料④)には、「真剣なお客の顔 エスカレーター初乗り」という見出しで「岡山市、天満屋百貨店に十日、岡山県ではじめてのエスカレーターがお目見えした」、「エスカレーター嬢が”手すりにしっかりつかまってください”と注意を与えていた」、「足を踏みはずしてよろけたり、子供がつまずくといった風景がみられ乗るときも降りるときもお客さんの表情は真剣そのものだった」と当時の様子が写真つきで紹介されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
以下の資料の目次からはエスカレーターに関連する項目は確認できなかった。

岡長平著『岡長平著作集 第2巻 岡山始まり物語』岡山 岡山日日新聞社,1977,p.549.
NDC
商業経営.商店  (673 9版)
参考資料
(Reference materials)
①吉岡三平[編]『岡山事物起源』岡山 日本文教出版,1974,p.176.参照はp.34.
②天満屋社史編纂委員会 [編]『天満屋百五十年史』岡山 天満屋,1979, 265p.参照はp.117,243.
③『山陽新聞』1958年9月 9日朝刊第8面.
④『山陽新聞』1958年9月10日夕刊第2面.
キーワード
(Keywords)
エスカレーター
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2014040317265768422
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000164695解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!