このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000151256
提供館
(Library)
さいたま市立中央図書館 (2210012)管理番号
(Control number)
中央-1-00737
事例作成日
(Creation date)
2013年12月14日登録日時
(Registration date)
2014年03月26日 16時03分更新日時
(Last update)
2014年05月02日 14時21分
質問
(Question)
第二図南丸・日新丸という捕鯨船について書いてある本が見たい。
回答
(Answer)
以下の資料を紹介した。

『日本大百科全書 17 とけ‐にほんく』小学館 1987.9 
p135 図南丸 日本最初の南氷洋捕鯨母船。(略)その後日本で捕鯨母船として1936年に建造された日新丸、37年建造の第二日新丸や第二図南丸の手本となった。 との記述がある。

『捕鯨に生きた』大洋漁業南氷洋捕鯨船団の記録を残す会/編 成山堂書店 1997.12
p14 日新丸・第二日新丸 捕鯨頭数(昭和13~14年)の表あり。
p15~ 日新丸・第二日新丸の船団事業部編成表あり
p52~ 第一日新丸にのった人の経験談
p98~ 日新丸の話あり
p222~ 付録 大洋漁業・南太平洋捕鯨関連年表 日新丸のことが載っている。

『捕鯨の文化人類学』 岸上 伸啓/編著 成山堂書店 2012.3
p17ほかに日新丸の話あり

『南氷洋の捕鯨 岩波写真文庫』 山田 致知/監修・写眞 岩波書店 2007.9
第一日新丸の操業の様子を撮った写真が収録されている。


『栄光の捕鯨船団』 NHK取材班/著 日本放送出版協会 1986.3
p65~ 1934年(昭和9年) ノルウェーから捕鯨母船「アンタ―クチック号」を購入し、翌年に「図南丸」と改名。1936年(昭和11年)には「日新丸」その翌年に「第二図南丸」「第三日新丸」を建造という内容の記述あり


『南氷洋捕鯨史』板橋 守邦/著 中央公論社 東京 1987.6
p72に第二図南丸についての、p68に日新丸についての記述あり

『日本水産百年史』[日本水産/編] 日本水産 2011.5 (さいたま市図書館所蔵なし、埼玉県立図書館所蔵あり)
p120 図南丸の第二次出漁 15行ほど記述あり
p121~122 第二図南丸、第三図南丸の初出漁

『日本水産百年史 史料』[日本水産/編] 日本水産 2011.5 (さいたま市図書館所蔵なし、埼玉県立図書館所蔵あり)
p240 捕鯨船団の表中に第二図南丸(戦後の)あり、総トン数、竣工年あり
p227 捕鯨船団の表中に第二図南丸(戦前の)あり、総トン数、竣工年あり
p34 南氷洋の第二図南丸と捕鯨船拓南丸の写真あり
 

マガジンプラスで記事検索をしたところ、次の資料がヒットした。
『世界の艦船』 2003年9月号 (さいたま市所蔵なし、埼玉県立図書館所蔵)
p148~152 「捕鯨ニッポン華やかなりし頃―母船図南丸1955―56年漁期アルバムから」  第三図南丸の写真が掲載されている。

GeNiiで”第二図南丸”で検索→
「第二圖南丸進水計算及び實績」造船協會會報 (61), 363-367, 1937-12-28 公益社団法人日本船舶海洋工学会
がヒット。CiNiiオープンアクセスで本文が見られる。(  http://ci.nii.ac.jp/naid/110003864155  最終確認2014年3月29日)
回答プロセス
(Answering process)
図書館業務端末で"捕鯨”という語で検索してヒットした資料や、NDC 665.29(捕鯨船)の資料を確認した。

以下は確認したが記述が見つからなかった資料。
『鯨と捕鯨の文化史』森田 勝昭/著 名古屋大学出版会 1994.7
『クジラと日本人の物語』小島 孝夫/編 東京書店 2009.11 
『クジラを捕って、考えた』川端 裕人/著 徳間書店 2004.10 ※p41~67に 母船日新丸 の章があるが、船ではなく漁の話になっている。
『魚をとる船』 小島 敦夫/文 構成 国土社 1989.3
『日本漁船図集』津谷 俊人/著 成山堂書店 2001.9
『ひと・海・クジラ』日本捕鯨協会 1982 (さいたま市図書館所蔵なし・埼玉県立図書館所蔵) 
捕鯨船団の絵や写真はあるが、図南丸や日新丸という記載はなし
『日本捕鯨文化史』矢代 嘉春/著 新人物往来社 1983
『日本捕鯨史話』福本 和夫/著 法政大学出版局 1993.8 
『くじらの文化人類学』M.フリーマン/編著 海鳴社 1989.5
『西海捕鯨業史の研究』鳥巣 京一/著 九州大学出版会 1993.11
『海の狩人 日本の伝統捕鯨』樋口 英夫/写真・文 平河出版社 東京 1992.9
『捕鯨の文化人類学』岸上 伸啓/編著 成山堂書店 東京 2012.3
『鯨の日本文化誌』 高橋 順一/著 淡交社 京都 1992.1
『捕鯨 1 ものと人間の文化史』山下 渉登/著 法政大学出版局 2004.6
『捕鯨 2 ものと人間の文化史』山下 渉登/著 法政大学出版局 2004.6


 
国会サーチで“図南丸”で検索→
『想い出の第二図南丸』木下晃 1987 や『圖南丸物語 捕鯨母船に乗った外科医の青春』八木正宏 神戸新聞総合出版センター 2008 といった本がヒットするが、埼玉県内所蔵無し。
事前調査事項
(Preliminary research)
『調査捕鯨母船日新丸よみがえる』小島 敏男/著 成山堂書店 2003.10
は確認済み。
NDC
漁船.漁具  (665)
漁労.漁業各論  (664)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000151256解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!