このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000219925
提供館
(Library)
堺市立中央図書館 (2210017)管理番号
(Control number)
堺-2017-047
事例作成日
(Creation date)
2007年04月01日登録日時
(Registration date)
2017年08月03日 19時47分更新日時
(Last update)
2018年03月23日 15時30分
質問
(Question)
樹木の二酸化炭素吸収量を知りたい
回答
(Answer)
樹木の種類、成長の度合いにより異なる。二酸化炭素が樹木に吸収されることを「固定化」といい、『地球温暖化がわかる本』によれば、日本のスギ人工林で一ヘクタールあたり年19~36トンを固定化する、とある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
気象学  (451 8版)
林業  (650 8版)
参考資料
(Reference materials)
北野康, 田中正之 編著 , 北野, 康, 1923- , 田中, 正之, 1935-. 地球温暖化がわかる本. マクミラン・リサーチ研究所, 1990.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002081867-00 , ISBN 4795235112
三橋規宏 著 , 三橋, 規宏, 1940-. 森とCO[2]の経済学 : 地球温暖化対策への新提言. PHP研究所, 1997.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002632523-00 , ISBN 4569558151
キーワード
(Keywords)
樹木
温暖化
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
『森とCO2の経済学』の本文中参考資料として挙げられていたのが上記回答に用いた資料。
また、大阪府立図書館の所蔵資料「大気浄化植樹指針」には、どの種類の樹木が吸収量が多いか、などが記載されている。
インターネットの検索エンジンでは、「二酸化炭素」「吸収」「固定化」などの用語で様々なサイトがヒットするが、環境省の京都議定書関連資料で「図解京都メカニズム」(公益財団法人地球環境戦略研究室 http://enviroscope.iges.or.jp/modules/envirolib/view.php?docid=962 )に吸収量の算定方法が掲載されていて、詳しい。 
また、独立行政法人国立環境研究所の提供するEICネット内の「このゆびとまれ!エコキッズ」のHPには、身近な樹木の種類を選び、太さを入力すると、1日に吸収する二酸化炭素の量を計算してくれるコーナー「樹木の二酸化炭素吸収量をしらべてみよう」がある。
http://www.eic.or.jp/library/ecokids/road/ki/happa.html

環境省京都メカニズム情報コーナー ( http://www.env.go.jp/earth/ondanka/mechanism/index.html )
このゆびとまれ!エコキッズ ( http://www.eic.or.jp/library/ecokids/ )
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000219925解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!