このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000084610
提供館
(Library)
新潟市立中央図書館 (2210022)管理番号
(Control number)
新市図-00331
事例作成日
(Creation date)
2008.08.08登録日時
(Registration date)
2011年04月12日 02時01分更新日時
(Last update)
2011年04月12日 02時01分
質問
(Question)
昭和40年代から昭和60年代にかけて,ガソリンの小売価格が180円台になったことがあったと思う。いつのことか調べてほしい。
出典も教えてほしい。
回答
(Answer)
(3)『新潟県統計年鑑 第93回』(新潟県企画調整部統計課編 新潟県企画調整部統計課 1983)のコピーを提供。
昭和57年といえば,オイルショックの時で,現在とほぼ同様に180円の時代があったことが
わかった。中央だけの数字にとらわれていたら,発見できなかった事例である。
回答プロセス
(Answering process)
まずガソリンの小売価格が掲載されている資料を探す。黒埼図書館の書庫に
(1)『値段史年表 明治・大正・昭和』(週刊朝日編 朝日新聞社 1988)を見ると,
大正10年から昭和61年までの全国の小売標準価格が掲載されていた。
それには,一番高値で昭和57年に172円が見えるが,180円の値段はなかった。
もしかしたら,新潟の値段は172円を超えているかもしれないと考え,郷土資料で新潟のガソリンの価格を調べることとした。
 
黒埼図書館の資料で
(2)『新潟県統計年鑑 第99回』(新潟県企画調整部統計課編 新潟県企画調整部統計課 1988)に
新潟市のガソリンの小売価格が掲載されていた。
黒埼図書館にはこれ以前の資料がないため,
中央図書館から1980年代の資料をとりよせて確認した結果,1982年版に毎月のガソリン価格の変動表があり,8月から12月まで180円台が続いていた数字が出ていた。

事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
化学工学.化学機器  (571 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
ガソリン
新潟
値段
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
一般
質問者区分
(Category of questioner)
一般利用者
登録番号
(Registration number)
1000084610解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!