このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000237109
提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
B2018口頭0601
事例作成日
(Creation date)
2018年06月12日登録日時
(Registration date)
2018年06月12日 11時04分更新日時
(Last update)
2018年06月27日 13時47分
質問
(Question)
『信学技報』に掲載されたレポートのうち、資料番号「IT98-37」のレポートを閲覧したい。
回答
(Answer)
『信学技報』とは『電子情報通信学会技術研究報告』の略称です。信学技報に掲載されたレポートには資料番号が付与されています。
国立国会図書館提供調べ方ページ「リサーチ・ナビ」内の調べ方案内では、信学技報に掲載されているレポートの探し方を紹介しています。
・信学技報(電子情報通信学会技術研究報告)( https://rnavi.ndl.go.jp/research_guide/entry/post-997.php

この調べ方案内で紹介しているように、資料番号の前半「IT98」から、平成10(1998)年度の資料であるとわかります。この時期の資料は、国立国会図書館オンラインでは検索できませんが、資料番号から信学技報の掲載巻号を調べることができるデータベース(インターネット情報1)があります。
【 】内は当館の請求記号です。インターネットの最終アクセス日は2018年5月21日です。

インターネット情報1
研究会・大会・技術研究報告データベース検索( http://db.ieice.org/gakkai/index.html
電子情報通信学会が提供するデータベースです。昭和63(1988)年1月以降に開催された研究会や大会などで発表されたレポートの情報を調べることができます。
資料番号を入力して検索すると、検索結果の「収録資料の巻号」に掲載巻号が記載されています。資料番号「IT98-37」は、巻号「Vol.98 No.211」に掲載されていることが分かります。

資料1
電子情報通信学会技術研究報告. 電子情報通信学会 【Z16-940】
国立国会図書館オンライン( https://ndlonline.ndl.go.jp/ )で資料1を検索し、巻号「98 (211)」を申し込むことで、ご照会のレポートを閲覧することができます。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
通信工学.電気通信  (547 10版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
電子情報通信学会
研究報告
信学技報
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
科学技術
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000237109解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!